• このエントリーをはてなブックマークに追加

プラグインWP-PostViewsの設定・使い方

どうも。葉です。(^^)

ブログ運営を始めて真っ先に気になることの一つといえば、「書いた記事がどれくらいの人に見されているか?」です。

ただ、それを気にしているのはあなただけでなく、ブログへの訪問者も「このブログは、どの記事が人気なんだろう?」と気になっているはずです。

そこで、この記事では、投稿した記事をアクセスが多い順または、少ない順に並べて表示してくれるWordPressプラグイン「WP-PostViews」の使い方を解説していきます。

1.WP-PostViewsでできること

プラグインWP-PostViewsでできること1

プラグイン「WP-PostViews」は、

  • 投稿記事一覧でのアクセス数表示
  • サイドバーなどに人気/不人気記事ランキングを設置

の2種類の機能があります。それぞれについて解説していきます。

1-1.運営者向け:投稿記事一覧でのアクセス数表示

プラグイン「WP-PostViews」を導入すると、ブログ運営者は簡単に人気記事/不人気記事の閲覧数を確認することができます。

この「簡単に」というのがプラグイン「WP-PostViews」のいいところです。

「毎回Google Analyticsを開いてアクセス数を確認するのがめんどくさい!」という方は是非導入してください。使い方は後述します。

1-2.訪問ユーザー向け:サイドバーなどに人気/不人気記事ランキングを設置

次は、ブログの訪問ユーザー向けの機能です。

プラグイン「WP-PostViews」を導入することで、ブログのサイドバーに

  • 人気記事ランキング
  • カテゴリー別人気記事ランキング
  • 不人気記事ランキング
  • カテゴリー別不人気記事ランキング

の4種類を任意で選択して表示させることができます。
ただ、このプラグインの残念なところが

  • 閲覧数の集計期間が全期間のみで、1週間、1ヶ月といった期間で指定できない

の2点です。

なので、ブログのサイドバーにサムネイル画像付きの人気記事ランキングを表示したいなら、プラグイン「WP-PostViews」よりも、プラグイン「WordPress Poular Posts」がおすすめです。

※記事後半では、プラグイン「WP-PostViews」を使ってサムネイル画像付きの人気/不人気記事ランキングを表示する方法解説もしています。

1-3.WP-PostViewsはどんな人におすすめ?

プラグイン「WP-PostViews」は、あくまでも自分自身で「簡単に」どの記事にどれくらいのアクセスが集まっているのかを確認したい人におすすめなプラグインです。


2.WP-PostViewsのインストール

では、ここからは、プラグイン「WP-PostViews」のインストール手順を紹介していきます。

WordPress管理画面のサイドバーより「プラグイン→新規追加」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsのインストール手順1

プラグインの検索窓に「WP-PostViews」と入力し、エンターボタンを押します。

プラグインWP-PostViewsのインストール手順2

「WP-PostViews」の「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsのインストール手順3

「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsのインストール手順4

以上で、プラグインを「WP-PostViews」のインストール・有効化は完了です。

プラグインWP-PostViewsのインストール手順5

3.WP-PostViewsの使い方

3-1.運営者向け:投稿一覧でアクセス数チェック

まずは、ブログ運営者向けのアクセス数チェックの方法を解説します。以下の手順を参考にしてください。

WordPress管理画面のサイドバーより「投稿」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsの使い方1

次に表示オプションバーを開き「表示数」にチェックが入っていることを確認します。

プラグインWP-PostViewsの使い方1-1-1

すると次のように記事ごとの表示数(アクセス数)を確認できます。

プラグインWP-PostViewsの使い方1-2

また、記事一覧上部にある「表示数」をクリックすることで記事を表示数の多い順/少ない順に記事を並べ替えることができます。

プラグインWP-PostViewsの使い方1-3

以上が、ブログ運営者向けの記事別の表示数を確認する方法です。

3-2.訪問ユーザー向け:サイドバーにアクセス数ランキングを表示

次にブログのサイドバーにアクセス数ランキングを表示させる方法の手順を紹介していきます。

WordPress管理画面のサイドバーより「外観→ウィジェット」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsの使い方2-1

次に、利用できるウィジェットリストの中から「表示数」を「サブコンテンツ」にドラッグ・アンド・ドロップします。

プラグインWP-PostViewsの使い方2-2

すると次のように「表示数」のタブが開きます。そこで、各項目を設定してください。

プラグインWP-PostViewsの使い方2-3

なお、設定項目は次のとおりです。

  1. サイドバーに表示されるタイトル名
    解説文
  2. ランキングの表示形式を選択
    解説文
  3. ランキングに表示させる対象を選択
    解説文
  4. ランキングに表示させる記事数
    解説文
  5. ランキングに表示された記事タイトルの最大文字数
    解説文
  6. ランキングに表示させるカテゴリーを選択
    解説文

すべての項目を設定したら「保存」をクリックします。

これで、ブログのサイドバーを確認すると人気記事ランキング又は不人気記事ランキングが表示されているはずです。

3-2-1.カテゴリー別のランキングを表示したい場合

補足として、カテゴリー別の人気/不人気記事ランキングを表示させたい場合の設定を紹介します。

まずは、表示させたいカテゴリーのカテゴリーIDを取得していきます。
サイドバーの「投稿→カテゴリー」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsの使い方2-4

ランキングに表示させたいカテゴリーをマウスオーバーすると、左下にカテゴリーのURLが表示されます。URLの中に「category&tag_ID=」とあるります。=の先の数字が「カテゴリーID」です。表示されたカテゴリーIDを覚えておきましょう。

※下の画像ではカテゴリーIDは「8」です。

プラグインWP-PostViewsの使い方2-5

サイドバーより「外観→ウィジェット」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsの使い方2-1

ウィジェット画面に移動したら、サブコンテンツ内にある「表示数」のタブを開きます。そこで、

  1. 統計タイプ
    「カテゴリ内で閲覧数の多い記事」または「カテゴリ内で閲覧数の少ない記事」を選択。
  2. カテゴリーID
    項目に先ほど覚えたカテゴリーIDを入力します。

プラグインWP-PostViewsの使い方2-6

次に「保存」をクリックし、ブログのサイドバーで表示されているランキングを確認してみましょう。

指定カテゴリーに属する記事のみのランキングが表示されているはずです。

3-3.アクセス数をリセットしたい場合

「WP-PostViews」を導入後に、アクセス数をリセットしたい場合は、「WP-PostViews」を削除後に、再インストールしてください。

4.WP-PostViewsの設定※興味のある方のみ

WP-PostViewsの設定方法を解説していきます。ただ、基本的には、設定を変更する必要はありません。興味のある方のみ読み進めてください。

WordPress管理画面の左メニューより「設定→PostViews」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsの設定1

すると次の画面に移ります。それぞれの項目に番号を割り振りました。
詳しくは、後述しています。

プラグインWP-PostViewsの設定2

プラグインWP-PostViewsの設定3

各項目について解説していきます。

①カウントする閲覧元

プラグインWP-PostViewsの設定4

アクセスとしてカウントする対象の設定を行います。

すべて すべてのユーザーをカウント
ゲストのみ 管理者を除くユーザーをカウント
登録したユーザーのみ ログインしているユーザーのみをカウント

自分のアクセスをカウントすると正確なアクセス数が調査できないので、「ゲストのみ」に設定します。

②ボットからのビューを除外

プラグインWP-PostViewsの設定5

Googlebot等のクローラのアクセスを除外するかどうかを設定できます。

はい botのアクセスをカウント
いいえ botのアクセスをカウントしない

クローラのアクセスは除外したいので「いいえ」を選択してください。

③ビュー数をAJAXで更新

プラグインWP-PostViewsの設定6

ビュー数の更新方式を選択します。

はい AJAXを使用してビュー数を更新
いいえ WordPressのキャッシュを利用して更新???

ここは、どちらを選択しても問題ありません。もし、ビュー数が更新されないようでしたら、この「はい/いいえ」の切り替えを行ってください。

④ビュー数の表示形式-投稿一覧での表示

プラグインWP-PostViewsの設定7

投稿一覧ページでのビュー数の表示方法を選ぶことができます。次の2つから選択でします。

%VIEW_COUNT% ビュー数
%VIEW_COUNT_ROUNDED% ビュー数(%VIEW_COUNT%と同じ?)

両方とも試してみたのですが、見かけ上は全く同じです。笑
好きな方を選択してください。

⑤最も人気の記事テンプレート-ブログサイドバーでの表示

プラグインWP-PostViewsの設定8

ブログサイドバーに表示する人気/不人気記事ランキングのデザインを変更できます。下記表を参考にオリジナルのデザイン作成にチャレンジしてみてください。

%VIEW_COUNT% ビュー数
%VIEW_COUNT_ROUNDED% ビュー数(%VIEW_COUNT%と同じ?)
%POST_TITLE% 記事タイトル
%POST_DATE% 投稿日
%POST_TIME% 投稿時間
%POST_EXCERPT% 投稿内容の抜粋文
%POST_CONTENT% 投稿内容全文
%POST_URL% 投稿URL
%POST_THUMBNAIL% アイキャッチ画像
⑤補足:サムネイル画像付きランキングコードのテンプレート

サンプルとして、サムネイル画像+記事タイトル+ビュー数のデザインを作成してみました。次のコードをコピペしてみてください。

<p>%POST_THUMBNAIL%<br><a href="%POST_URL%"  title="%POST_TITLE%">%POST_TITLE%</a> - %VIEW_COUNT%views</p>

次のような表示になります。

プラグインWP-PostViewsのサムネイル画像+記事タイトル+ビュー数

⑥表示設定

プラグインWP-PostViewsの設定9

表示設定では、人気/不人気記事ランキングを表示させる、表示させないの設定ができます。設定できるのは次の6項目です。

  1. トップページ
  2. 個別投稿
  3. ページ
  4. アーカイブページ
  5. 検索ページ
  6. その他のページ

各ページで次3つのどれかに設定できます。

すべての訪問者 ブログを見ている全ユーザーに表示
登録ユーザーのみ ログインしているユーザーのみ表示
〇〇では表示しない 全ユーザーに対して非表示
注意
ただし、この機能を使えるのは「the_views()」を記述した場合のみになります。WordPressのウィジェット機能でサイドバーに人気/不人気記事ランキングを表示させている場合には使用できないので注意してください。

最後に「変更を保存」をクリックします。

プラグインWP-PostViewsの設定10

以上で、プラグイン「WP-PostViews」の設定の解説は終わります。

5.まとめ

この記事では、

  • WordPressプラグイン「WP-PostViews」でできること
  • WordPressプラグイン「WP-PostViews」のインストール手順
  • WordPressプラグイン「WP-PostViews」の使い方
  • WordPressプラグイン「WP-PostViews」の設定

について解説しました。

個人的には、「WP-PostViews」は、投稿記事一覧で人気記事を確認するように使うのが良いと思います。

ブログのサイドバーなどに人気記事ランクングを表示する場合には、冒頭でも話したとおり、プラグイン「WordPress Poular Posts」のほうがカスタマイズ性があっておすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

プラグイン