超便利!Todoistの完了タスクをEvernoteに自動記録・表示する方法(無料)

どうも。葉です。

タスク管理をするにのとても便利なtodoistですが、「いつ?どんな内容のタスクをこなしたのか?」を後からでもチェックできるとさらに便利ですよね。

そこで、この記事では、Todoistの完了タスクをEvernoteに自動記録して、後からでも簡単に完了タスクを振り返ることが出来るようにする設定方法を紹介します。

過去に自分が行ってきたタスクを簡単に確認できるので、かなり便利です。習慣化のためにTodoistを使用していた場合は、自分の成長が確認できて楽しいですよ。

1.EvernoteとIFTTTを使用して、Todoistの完了タスクを記録させる方法

では、早速ではありますが、Todoistの完了タスクをEvernoteに記録させる方法を解説していきます。

2-1.Todoistアカウント・Evernoteアカウント・IFTTTアカウントの作成

Todoistの完了タスクを完了日、タスク名なども含めて記録するには、「Evernote」と「IFTTT」というサービスを利用する必要があります。

まだアカウントを持っていない方は、はじめに以下よりアカウント作成を行ってください。

Todoistアカウント作成

Evernoteアカウント作成

IFTTTアカウント作成

2-2.EvernoteとIFTTTを連携

アカウントの作成が完了したら、次は、各サービスの連携を行っていきます。まずは、EvernoteとIFTTTの連携を行います。

IFTTTにログインしてください。

Sign in to your IFTTT account – IFTTT

IFTTTにログイン1

ログインしたら下図を参考に、「Search」をクリックしてください。すると、検索窓が表示されるので「Evernote」と入力し、その後、表示された「Evernote」アイコンをクリックしてください。

EvernoteとIFTTTを連携1

「Connect」をクリックしてください。

EvernoteとIFTTTを連携2

有効期間が最長の1年間になっていることを確認して、「承認する」をクリックしてください。

EvernoteとIFTTTを連携3

これで、EvernoteとIFTTTの連携は、完了しました。

2-2.TodoistとIFTTTを連携

次にTodoistとIFTTTの連携を行っていきます。

下図を参考に、「Search」をクリックしてください。すると、検索窓が表示されるので「Todoist」と入力し、その後、表示された「Todoist」アイコンをクリックしてください。

IFTTTでtodoist完了リストをEvernoteに記録する手順1

「Connect」をクリックしてください。

IFTTTでtodoist完了リストをEvernoteに記録する手順5

「Agree」をクリックしてください。

IFTTTでtodoist完了リストをEvernoteに記録する手順6

これで、TodoistとIFTTTの連携は完了です。

2-3.IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに記録

ここからは、IFTTTを使って、Todoistの完了タスクをEvernoteに記録させる設定を行っていきます。

まず、次のように「New Applet」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順1

すると、次の画面が出てきます。

if-this-than-that

これは、「もし、thisならばthatします。」という意味です。次のように

this=Todoistのタスクを完了

that=Evernoteに完了タスクを記録

すると、「もし、Todoistのタスクを完了したら、Evernoteに完了タスクを記録する」と設定することができます。

「this=Todoistのタスクを完了」に設定する

では、「this=Todoistのタスクを完了」の状態になるように設定していきます。

まず、「this」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順2

「Todoist」と入力し、「Todoist」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順3

「New completed task」をクリックしてください。

これは、Todoistのタスクが完了したことが、次の動作のトリガーになるということを意味しています。

具体的に言うと、「Todoistのタスクが完了したら、○○をします。」という状態を作れるということです。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順4

次に、プロジェクトに「Any Project」を選択して、「Create trigger」をクリックしてください。

「Any Project」を選択することで、Todoistのすべてのプロジェクトのタスクが完了した時に、Evernoteに完了タスクが記録されます。

もし、特定のプロジェクトのタスクが完了した場合のみ、Evernoteに記録させたい場合は、任意のプロジェクトを選択してください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順5

これで、「this=Todoistのタスクを完了」という状態を作ることができました。

「that=Evernoteに完了タスクを記録」に設定する

次に「that=Evernoteに完了タスクを記録」の状態になるように設定していきます。

「that」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順6

「Evernote」と入力し、「Evernote」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順7

次に、「Append to note」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順8

次に、「Evernote」に「Todoist」の完了タスクを記録する際の形式を設定していきます。次の手順のとおりにしてください。

  1. Titleは、変更する必要ありません。
  2. Bodyに次のコードを入力してください。
  3. Notebookに「Todoist」と入力してください。
  4. 「Create action」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順9

「Finish」をクリックしてください。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順10

これで、「that=Evernoteに完了タスクを記録」の状態に設定することができました。

まとめると、「Todoistの完了タスクをEvernoteに記録」とう状態です。

「Check now」をクリックすると、アプリが正常に動いているか確認できます。

IFTTTを使ってTodoistの完了タスクをEvernoteに自動記録させる手順11

これで、「IFTTT」上での設定は完了です。

2.Evernoteに記録できているかチェックしてみる

設定が完了したので、実際に「Todoist」で任意のタスクを作り、完了してみましょう。2~3分後にEvernoteにTodoistの完了タスクが記録されているはずです。

今回は、3つのタスクを作り、完了させてみました。下図のように表示されていれば、問題なく設定できています。

Evernoteへの完了タスクの記録画面1

3.さらに便利!月ごとに完了タスクを記録しよう!

また、IFTTTの設定を少し変更することで、完了タスクを月ごとに管理できるようになります。簡単に出来るので、月別に完了タスクを管理したいならば、次の作業を行ってください。

「My Applets」をクリックして、先程作成したアプリをクリックしてください。

月ごとに完了タスクを記録する方法1

次に、設定を編集するボタンをクリックしてください。

月ごとに完了タスクを記録する方法2

「Title」に西暦と月がわかる数字を半角で入力し、「Save」をクリックしてください。

この際、「Titie」に日本語・全角文字を入力しないようにしてください。「Titie」に日本語・全角文字が入っていると、1つの完了タスクごとに1つのノートが作成されてしまいます。

月ごとに完了タスクを記録する方法3

すると、「Evernote」には、西暦、月がわかる新しいノートが作成されます。月に1度「Title」を変更していけば、月ごとの完了タスクリストを作成できますよ。

この辺も自動化できればいいのですが、今のところできません。もしかしたら、方法があるのかもしれませんが、僕にはできません。わかる方がいたら、教えていただけるとうれしいです。

月ごとに完了タスクを記録する方法4

あと、「title」の付け方を変えれば、完了タスクを1週間単位、1年単位で記録することもできますよ。

4.まとめ

この記事では、タスク管理サービスのTodoistの完了タスクをEvernoteに記録する方法を解説しました。

Todoist内で完了タスクを確認しても、いつ、どんなタスクを完了したのかまではチェックできません。

しかし、IFTTTを活用してEvernoteにTodoistの完了タスクをまとめておくことで、過去の自分の行動を振り返ることが出来ます。そこから、改善点を見つけ出すことで、作業効率を上げることもできちゃいますよ。

かなり便利な使い方なので、ぜひ導入してください。

また、Evernoteではなく、Googleスプレッドシートに完了タスクを記録したい場合は次の記事を参考にして下さい。

Todoistの完了タスクをGoogleスプレッドシートに自動記録する方法(無料)