Todoistの新規作成タスクをGoogle Calendarの予定にも自動追加する方法

どうも。葉です。

タスク管理ソフトのTodoistでは、タスクを追加する際に、「いつ行うタスクなのか?」まで指定できて便利ですよね。

ですが、この「いつ行うタスクなのか?」を自動的にGoogle Calendarにも追加できたらさらに便利だと思いませんか?

僕は、自分の予定をGoogle Calendarに書き込むようにしているので、Todoistのタスク管理とGoogle Calendarを同期できたらかなり便利だろうな~なんて思っていました。

それで、Todoistを便利に使う方法はないかと調べていた所「IFTTT」というサービスを使えば、TodoistのタスクをGoogle Calendarに書き込むことが出来ることがわかったのです。

こんな便利な機能を使わないのは、もったいなさすぎる!ということで早速Todoistで作成したタスクをGoogle Calendarにも自動追加する方法を実践してみました。

詳しい解説付きなので、僕と同じ思いを持っていた人は、ぜひ実践してみてください。

期待はずれだった件(必ず先に読んで下さい!)

1.Todoistで作成したタスクをGoogle Calendarに自動追加

では、実際にTodoistで作成したタスクをGoogle Calendarに自動追加していく方法を解説していきます。

1-1.Todoistアカウント・Googleアカウント・IFTTTアカウントの作成

「Todoist」で作成したタスクを記録するには、「Google Calendar」と「IFTTT」というサービスを利用する必要があります。

まだアカウントを持っていない方は、はじめに以下よりアカウント作成を行ってください。

Todoistアカウント作成

Googleアカウント作成

IFTTTアカウント作成

IFTTTとは?

ちなみに、「IFTTT」とは、「if this then that」の頭文字をつなぎ合わせたもので、日本語に約すと、「『this』ならば『that』する」という意味になります。

このIFTTT内で、「『this=Todoistで新規タスクを追加』しなたらば『that=Google Calendarに追加する』」というアプリを作成することで、Todoistで作成したタスクをGoogle Calendarに追加できるようになります。

1-2.Google CalendarとIFTTTを連携

アカウントの作成が完了したら、次は、各サービスの連携を行っていきます。まずは、「Google Calendar」と「IFTTT」の連携を行います。

「IFTTT」にログインしてください。

Sign in to your IFTTT account – IFTTT

IFTTTにログイン

次に、「Search」をクリックしてください。

すると、Search窓が表示されるので、そこに「Google Calendar」と入力し、「Google Calendarアイコン」をクリックしてください。

Google CalendarとIFTTTを連携2

「Connect」をクリックしてください。

Google CalendarとIFTTTを連携3

「IFTTT」が「Google Calendar」の情報にアクセスすることを許可します。

Google CalendarとIFTTTを連携4

これで、「Google Calendar」と「IFTTT」の連携は完了しました。

1-3.TodoistとIFTTTを連携

次に、「Todoist」と「IFTTT」の連携を行っていきます。

「Search」をクリックしてください。

表示されたSearch窓に「Todoist」を入力し、「Todoistアイコン」をクリックしてください。

TodoistとIFTTTを連携1

「Connect」をクリックしてください。

IFTTTとTodoistを連携2

「Agree」をクリックしてください。

IFTTTとTodoistを連携3

これで、「Todoist」と「IFTTT」の連携は完了です。

1-4.Todoistの新規タスクをGoogle Calendarにも自動反映

では、ここからは、「Todoist」の新規タスクを「Google Calendar」の予定にも自動追加する方法を解説していきます。

「IFTTT」にて「New Applet」をクリックしてください。

Todoistの新規タスクをGoogle Calendarにも反映1

すると、次の画面に移動します。

Todoistの新規タスクをGoogle Calendarにも反映2

この「if this then that」の「this」と「that」にそれぞれ

  • this=Todoistで新規タスクを作成
  • that=Google Calendarにタスクを追加する

とすることで、「『this=Todoistで新規タスクを追加』しなたらば『that=Google Calendarにタスクを追加する』」というアプリを作成することができます。

では、実際に、「this」と「that」に上記の設定を行っていきます。

「this=Todoistで新規タスクを作成」に設定

まずは、「this=Todoistで新規タスクを作成」に設定します。

「this」をクリックしてください。

「this=Todoistで新規タスク作成」に設定1

Search services窓に「Todoist」と入力し、「Todoistアイコン」をクリックしてください。

「this=Todoistで新規タスク作成」に設定2

「New task created」をクリックしてください。「New task created」を選択することで、新規タスクを作成したことが、「that」を行うことのトリガー(引き金)になるという状態になります。

「this=Todoistで新規タスク作成」に設定3

次に、「Google Calendar」に「Any Project」を選択し、「Create trigger」をクリックしてください。

※Project to watchでは、「Todoistのプロジェクト」を選択できます。「Todoistのプロジェクト」とは、タスクの項目分けのことです。例えば、「仕事」「個人」「お出かけ」などの分類を作ることができます。

そして、Project to watchで、任意のプロジェクト(「仕事」「個人」「お出かけ」など)を選択することで、選択したプロジェクトに属するタスクのみを、「Google Calendar」に記録させるように出来るのです。

説明を読んでもよくわからない場合は、とりあえず「Any Project」を選択してください。後で、いくらでも変更できます。

「this=Todoistで新規タスク作成」に設定4

これで、「this=Todoistで新規タスク作成」に設定することができました。

「this=Todoistで新規タスク作成」に設定5

「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定

次に、「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定します。

「that」をクリックしてください。

「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定1

Search services窓に「Google Calendar」と入力し、表示された「Google Calendarアイコン」をクリックしてください。

「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定2

「Quick add event」をクリックしてください。

「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定3

「Create action」をクリックしてください。

「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定4

「Finish」をクリックしてください。

「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定5

これで、「Todositで新規タスクを作成した際に、Google Calendarにも追加」というアプリが完成しました。

「Check now」をクリックして、最上部に「Applet checked」と表示されれば、問題なくアプリが作成されています。

「that=Google Calendarにタスクを追加」に設定6

2.Todoistでタスクを作成し、Google Calendarにも追加されているかチェック

アプリの作成が完了したので、次に、実際に「Todoist」でタスクを作成して「Google Calendar」にもタスクが追加されているかをチェックしてみましょう。

今回は、「テスト」「テスト2」「テスト3」というタスクを作成してみました。

すると、下図のように「Google Calendar」でも「Todoist」で作成したタスクが表示されています。

Google Calendar

Todoistでタスクを作成し、Google Calendarにも追加されているかチェック

期待はずれだった件

実は、今回、「『Todoistで新規タスクを追加』しなたらば『Google Calendarに追加』する」とうアプリを作成したわけですが、先に動作確認していませんでした。

なので、ここまで来て、僕的にはなかなかに不満が残ります。

なぜかというと、僕としては、「Todoist」でタスクを作成した際に「いつ」という日付を設定したら、「Google Calendar」上でも指定日にタスクが追加されると思っていたからです。

具体的に言うと、「Todoist」で、タスクの予定日を1月19日としたら、「Google Calendar」上では、1月19日のタスクとして追加されるものだと思いこんでいたのです。

しかし、実際に「Google Calendar」上に追加されるのは、タスクを作成したその瞬間の日時です。

例えば、「Todoist」で1月17日12時にタスクを作成したら、「Google Calendar」でも1月17日12時の部分にタスクが追加されてしまうという状態です。タスク完了日が1月30日であったとしても、「Google Calendar」には、1月17日12時の部分にタスクが追加されてしまうのです。

なので、はっきりいって使い物になりません。僕としては、かなり期待はずれでした。

もし使うなら、完了タスクを記録しよう

「このままでは、せっかく書いたこの記事が無駄記事になってしまう。。。」と少し落ち込んでいたのですが、少し考え方を変えると、使えなくもないかな~という使い方が思いつきました。

それが、「Todoist」でタスクを完了した時に「Google Calendar」に記録するという方法です。

過去に、「Todoist」の完了タスクを記録する方法としては、

Todoistの完了タスクをGoogleスプレッドシートに自動記録する方法(無料)

Todoistの完了タスクをEvernoteに自動記録・表示する方法(無料)

を紹介してきましたが、「Google Calendar」を使った方法の方が、より直感的に「いつ?どんなタスクを行ったのか?」がわかるのでいいかもしれません。

ということで、一安心です。「Todoistの完了タスクをGoogle Calendarで自動記録する方法」については、後日別記事で書こうと思います。

3.まとめ

この記事では、「Todoist」でタスクを作成した際に、「Google Calendar」上でも同時に予定として追加されるようにする方法を解説しました。

しかし、残念なことに、僕が求めていた機能ではなかったようです。確認は重要だと言うことを思い知らされた次第です。

ですが、「Google Calendar」を完了タスクを記録するツールとして使用すれば、かなり使い心地が良さそうということがわかったので、良しとします。