Google Search Consoleの登録・設置方法【WordPress-基礎】

この記事では、ウェブサイトを立ち上げたら必ずしておきたいGoogle Search Consoleの登録~サイト登録までの全手順を紹介していきます。

サーチコンソールにあなたのサイトを登録することで、サイトがGoogleにどのように認識されているのかがよくわかりますよ。

サーチコンソール(Search Console)とは?

サーチコンソールとは、Googleが無料で提供しているサイトパフォーマンスを監視、管理できるツールです。

具体的には、

  • Googleからのお知らせを受け取ることができる
  • マルウェアやスパムを監視する
  • あなたのサイトがどんなキーワードで検索されているかがわかる
  • あなたのサイトがどのサイトとリンクしているかがわかる
  • XMLサイトマップを送信する
  • etc

といった機能があります。

特に、「あなたのサイトがどんなキーワードで検索されているのかがわかる」機能は、検索結果からのアクセスを増やすために必須の情報ですよね。

これらの機能を活用するために、サーチコンソールにあなたのサイトを登録していきましょう。

下準備:Googleアカウントの取得

サーチコンソールを使用するには、Google アカウントが必要になります。

Googleアカウント作成ページに移動してさくっとアカウントを作成してしまいましょう。

名前、ユーザー名(メールアドレス)、パスワード、生年月日、性別、国/地域を入力しアカウントを作成します。

携帯電話番号、現在のメールアドレスは、必須ではないので空欄でも問題はありません。ただ、作成したメールアドレスに何かしらの問題があった時に携帯電話、またはメールアドレスを入力しておかないと復旧できない場合があるのでどちらかを入力しておいたほうがよいでしょう。

グーグルアカウント取得手順1

グーグルアカウント取得手順2

すべての項目入力したら「次のステップ」をクリックします。

次のような画面が出たら、グーグルアカウントの作成は、完了です。

グーグルアカウント取得手順3

サーチコンソールにサイトの登録

次に、サーチコンソールに移動して、あなたのサイトをプロパティに追加していきます。まず、「プロパティに追加」をクリックします。

サーチコンソールのサイトを追加する手順1

次に表示された画面で、追加したいサイトのトップURLを入力し、追加をクリックします。

サーチコンソールのサイトを追加する手順3

すると次のような画面に移ります。

サーチコンソールのサイトを追加する手順4

ここからは、あなたが、入力したサイトについて所有権があるかどうかを確認していく作業になります。

所有権が確認できるとグーグル検索の非公開データにアクセスできるようになりますよ。

所有権を確認する方法は以下の5つです。

  1. HTMLファイルをアップロードして確認(本記事で紹介)
  2. HTMLタグをサイトのホームページに追加して確認(本記事で紹介)
  3. ドメイン名プロバイダ
  4. Googleアナリティクスアカウント経由で確認(本記事で紹介)
  5. Googleタグマネージャー経由で確認

3つの所有権確認方法を解説!1つを選んでね!

今回は、この中で赤色になっている、1、2と4の手順を解説していきます。どの方法で所有権を確認したらいいかわからない方は、下の文章を参考に状況にあった方法を選択してください。

  • Google Analyticsと運営サイトの連携が完了している場合→4の方法
  • FTPソフトと聞いて何のことだかわからない場合→2の方法
  • FFFTP」などのFTPソフトでサーバーにHTMLファイルをアップロードできる場合→1の方法

方法1.HTMLファイルをアップロードして確認

サーチコンソールにて「別の方法→HTMLファイルのアップロード→このHTML確認ファイル」をクリックし、HTMLファイルをダウンロードします。

※おすすめの方法に「HTMLファイルをアップロード」がある場合もあります。

HTMLファイルをアップロードする手順1

次に「FFFTP、Cyberduck、FileZilla」などのFTPソフトを立ち上げます。今回は、「FFFTP」で解説していきます。FFFTPの使い方は、「FFFTPの初期設定~基礎的な使い方!エックスサーバー・WpXでWordPressと連動する方法を解説 」を参考にしてください。

FFFTPを立ち上げたら、「http://ドメイン名/public_html/」まで移動し、そこに先ほどサーチコンソールでダウンロードしたHTMLファイルをアップロードします。

HTMLファイルをアップロードする手順2

次に、サーチコンソールの確認画面に戻り、指定のURLにアクセスして、HTMLファイルが正しくアップロードされたことを確認します。

HTMLファイルをアップロードする手順3

HTMLファイルをアップロードする手順4

「私はロボットではありません」のチェックボックスにチェックを入れた後に「確認」ボタンをクリックします。

HTMLファイルをアップロードする手順5

次のように所有権が確認されました。

HTMLファイルをアップロードする手順6

以上で、サイト所有権の確認作業は完了です。これで、サーチコンソールを用いてあなたのブログの異常を検出したり、どんなキーワードで検索されているのかなどがチェックできますよ。

しっかりとクロールしてもらいたいなら。。。
また、検索エンジンにあなたのサイトをしっかりとクロールしてもらうために、GoogleにXMLサイトマップを送りたい!」という方は、事項の「XMLサイトマップの送信」を参照してください。

方法2.HTMLタグをサイトのホームページに追加して確認

HTMLタグをサイトのホームページに追加するにも、WordPressプラグイン「All in One SEO Pack」を使用する方法と、すべてを手動で行う方法があります。

  • All in One SEO Packを使用している方向けの手順
  • All in One SEO Packを使用していない方向けの手順

簡単なのはプラグイン「All in One SEO Pack」を使用する方法です。パソコン初心者の方などは、「All in One SEO Pack」をインストールして承認作業を行っていきましょう。

All in One SEO Packを使用している方向けの手順

サーチコンソールの所有権確認の画面で「別の方法」をクリックし、「HTMLタグ」を選択します。すると、所有権確認用のmetaタグが表示されるのでこれをコピーします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順1-1

次に、WordPress管理画面の左メニューより「All in One SEO」をクリックします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順1-2

表示された画面で下にスクロールしていくと、「ウェブマスター承認」というタブがでてくるので、そのGoogleウェブマスターツールの欄に先ほどコピーしたmetaタグを貼り付けます。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順1-3

その後、一番下までスクロールして「設定を更新」をクリックします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順1-4

サーチコンソールの所有権確認画面に戻り、「確認」をクリックします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順1-5

次のように所有権が確認されました。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順1-6

以上で、サイト所有権の確認作業は完了です。これで、サーチコンソールを用いてあなたのブログの異常を検出したり、どんなキーワードで検索されているのかなどがチェックできますよ。

この方法で所有権を確認できなかったら、下で書いている「All in One SEO Packを使用していない方向けの手順」を参考にしてください。

しっかりとクロールしてもらいたいなら。。。
また、検索エンジンにあなたのサイトをしっかりとクロールしてもらうために、GoogleにXMLサイトマップを送りたい!」という方は、事項の「XMLサイトマップの送信」を参照してください。
All in One SEO Packを使用していない方向けの手順

サーチコンソールの所有権確認の画面で「別の方法」をクリックし、「HTMLタグ」を選択します。すると、所有権確認用のmetaタグが表示されるのでこれをコピーします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順2-1

WordPress管理画面の左メニューより「外観→テーマの編集」をクリックします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順2-2

「header.php」をクリックします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順2-3

<head>~</head>の間に先ほどコピーしたmetaタグを貼り付けます。(キーボードのCtrl+Fで</head>と記述されている場所を探し、その上に先ほどコピーしたmetaタグを貼り付けます。)その後、「ファイルを更新」をクリックします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順2-4

サーチコンソールの所有権確認画面に戻り、「確認」をクリックします。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順2-5

次のように所有権が確認されました。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順2-6

以上で、サイト所有権の確認作業は完了です。これで、サーチコンソールを用いてあなたのブログの異常を検出したり、どんなキーワードで検索されているのかなどがチェックできますよ。

XMLサイトマップ
また、検索エンジンにあなたのサイトをしっかりとクロールしてもらうために、GoogleにXMLサイトマップを送りたい!」という方は、事項の「XMLサイトマップの送信」を参照してください。

方法4.Googleアナリティクスアカウント経由で確認

Google Analytics経由で所有権の確認をするには、WordPressとGoogleアナリティクスの連携が完了している必要があります。

アナリティクスアカウントの作成から連携までの手順は「アクセス解析の設置方法と使い方」のレポートで解説しているので参考にしてください。

Google Analyticsの導入が完了したら、サーチコンソールの所有権確認の画面で「別の方法」タブに移動、「Googleアナリティクス」を選択したら、「確認」をクリックしてください。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順4-1

次のように所有権が確認されました。

HTMLタグをサイトのホームページに追加する手順4-2

以上で、サイト所有権の確認作業は完了です。これで、サーチコンソールを用いてあなたのブログの異常を検出したり、どんなキーワードで検索されているのかなどがチェックできますよ。

XMLサイトマップ
また、検索エンジンにあなたのサイトをしっかりとクロールしてもらうために、GoogleにXMLサイトマップを送りたい!」という方は、事項の「XMLサイトマップの送信」を参照してください。

XMLサイトマップの送信

ここまでは、あなたのサイトをサーチコンソールに登録する作業を行っていただきました。

ここからは、さらにもう一歩踏み込んで、あなたのサイトのXMLサイトマップをGoogleに送信しましょう。

サイトマップとは、サイトのウェブページのリストを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。Googlebot などの検索エンジンのウェブクローラは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。

参考:サイトマップについて – Search Console ヘルプ

サーチコンソール経由でXMLサイトマップを送信することで、

  • ページ更新時のインデックス速度向上。
  • 検索エンジンへのインデックス漏れの減少。

といった効果が見込めます。

XMLサイトマップの送信方法については、「プラグインGoogle XML Sitemapsの設定方法」で詳しく解説しているので参照してくださいね。

WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsの設定方法

まとめ

  • グーグルアカウントの作成方法
  • サーチコンソールにサイトを登録する方法
  • XMLサイトマップ(別記事にて紹介)

について、画像付きで詳しく解説しました。

サーチコンソールは、

  • Googleからのメッセージを確認したいり、
  • サイトへの訪問ユーザーの検索キーワードチェック、
  • URLのクロール申請
  • etc

などなど様々な用途で使用できます。

特に大きいのは、訪問ユーザーの検索キーワードがチェックできることです。Googleアナリティクスなどで、検索キーワードが「not provided」となっている部分のキーワードまで教えてくれるので、より正確なアクセス分析が可能です。

これを期にぜひ導入してくださいね。