revive-old-post

どうも。葉です。

あなたは、過去に投稿した記事をそのまま眠らせてしまってはいませんか?「せっかく一生懸命に記事を書いたのにアクセスが集まらなくて悔しい!」なんてよくあることですよね。

そんな時、プラグイン「Revive Old Post」を導入することで、過去の記事にもう一度アクセスしてもらうことが可能になるかもしれませんよ。

というのも、プラグイン「Revive Old Post」を導入することで、WordPressに投稿した過去記事を定期的に自動でFacebook/Twitterに投稿することができるからです。

一度設定したら後は、後は、放ったらかしでプラグインが過去記事をどんどん自動投稿してくれるので、何もせずに記事を宣伝できちゃいます。

とっても便利なプラグインなので是非導入を検討してみてくださいね。

1.Revive Old Postでできること

Revive Old Post

まずは、Revive Old Postでできることをしっかりと理解しましょう。箇条書きでまとめていくので確認してください。具体的には、次の4つです。

  1. WordPressの過去投稿を定期的にTwitter、Facebookに投稿してくれる
    ※Linkedin,Xing,Tumblrは、有料
  2. 各SNSへの定期投稿の間隔を指定できる
  3. 各SNSへの投稿スタイルを指定できる(例えば「タイトルのみを投稿」or「タイトルと抜粋文を投稿」を選択)
  4. 各SNSへの投稿スケジュールを確認できる

この4つを確認して、「Riveive Old Post」を導入したい!と思ったのであれば、このまま読み進めてください。

画像つきで解説しているので、初心者でも迷わずに設定できるはずです。

2.Revive Old Postのインストール

WordPress管理画面の左メニューより「プラグイン→新規追加」をクリックしてください。

Revive Old Postのインストール手順1

次に、プラグインの検索窓に「Revive Old Post」と入力してください。すると、WordPressがプラグインの中から「Revive Old Post」を探し出してきてくれます。そこで、「Revive Old Post」の「今すぐインストール」をクリックしてください。

Revive Old Postのインストール手順2

インストールが完了すると「有効化」ボタンが表示されるので、それをクリックしてください。

Revive Old Postのインストール手順3

「インストール済みプラグイン」で「Revive Old Post」が有効化されていることを確認してください。

Revive Old Postのインストール手順4

以上で、プラグイン「Revive Old Post」のインストール・有効化は完了です。

3.Revive Old Postの設定・使い方

次は、プラグイン「Revive Old Post」の設定・使い方を解説していきますね。

プラグイン「Revive Old Post」をインストールすると、WordPress管理画面の左メニューに「Revive Old Post」という項目が追加されます。そこで、「Revive Old Post→Revive Old Post」をクリックしてください。

Revive Old Postのインストールの使い方

すると、次の画面に移動します。

Revive Old Postのインストールの使い方2

ここでは、それぞれのSNSとWordPressとを連携して、過去記事を自動投稿できるように設定できます。

TwitterとFacebookに関しては、無料で使用できるのでここで、設定してしまいましょう。

Twitterで過去記事を自動投稿する

まずは、WordPressとTwitterの連携を行います。「Revive Old Post」のトップ画面にて、Twitterの「Add Account」をクリックしてください。

Revive Old PostでTwitterとWordPressを連携する手順1

もし、Twitterにログインしていなければ、WordPressと関連付けたいTwitterアカウントの「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「連携アプリを承認」をクリックしてください。

Twitterにログインした状態であれば、「ユーザー名」と「パスワード」は入力する必要はありません。

Revive Old PostでTwitterとWordPressを連携する手順2

Twitterとの連携が完了すると、次のようにTwitterの項目に新しいアカウントが表示されます。

Revive Old PostでTwitterとWordPressを連携する手順3

これで、TwitterとWordPressの連携は、完了です。

Facebookで過去記事を自動投稿する

次に、FacebookとWordPressの連携を行っていきます。

まず、Facebookの「Add Account」をクリックします。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順1

すると次のように「App ID」と「App Secret」が求められます。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順2

「App ID」と「App Secret」は、次のページを参考に取得してください。「App ID」と「App Secret」の取得は少し面倒なので、後回しにしても良いと思います。

「App ID」と「App Secret」取得手順

取得した「App ID」と「App Secret」を入力したら、「AUTHORIZE APP」をクリックします。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順3

すると、Facebookにログインを求められるので「〇〇としてログイン」をクリックします。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順4

次に、共有の範囲を指定します。  多くの人に見てもらいたいのであれば「公開」を選択しましょう。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順5

もう一度「OK」をクリックしてください。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順6

管理しているページが複数ある場合は、選択画面がでてきます。そこで、投稿したいページを選択してください。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順7

すると、次のようにWordPressとFacebookの連携されているはずです。

Revive Old PostでFacebookとWordPressを連携する手順8

これで、WordPressとTwitter、Facebookの連携は完了です。

有料プランなら

さらに、有料プランなら、「Linkedin]「Xing」「Tumblr」といったSNSとの連携も可能です。

まあ、日本で使うのであれば、TwitterとFacebookだけで十分でしょう!

3.自動投稿の間隔やスタイルを設定

これで、WordPressとSNSとの連携は完了しました。最後に、自動投稿の間隔やSNSに投稿する際のスタイルの設定を行っていきます。

ランダム投稿の間隔や除外記事を設定

まず、記事の投稿間隔や投稿するにあたって除外する記事等を設定していきます。

「General settings」タブをクリックします。

Revive Old Postの設定手順1

すると、次の画面に移動します。各項目についての解説も入れてあるので、よくチェックしながら設定をしてください。

Revive Old Postの設定手順2

自動投稿時のスタイルを設定

次に「Post Format」をクリックしてください。

Revive Old Postの設定手順3

すると、次の画面に移動します。各項目についてコメントを挿入してあるので、よく確認しながら設定してください。

Revive Old Postの設定手順4

すべての項目を設定したら、「SAVE」をクリックしてください。

Revive Old Postの設定手順5

次に、投稿のサンプルをチェックするために「SEE SAMPLE POST」をクリックしてください。

Revive Old Postの設定手順6

すると、次のように投稿のサンプルを確認できます。確認したら「CLOSE PREBIEW」をクリックしてください。ここでは、文字だけのシンプルな投稿になっていますが、OGP設定を行なうことで画像つきの投稿を行なうことができます。

Revive Old Postの設定手順7

設定を確認したら、「START SHAEING」をクリックしてください。これで、過去記事の自動投稿が始まります。

Revive Old Postの設定手順8

もし、自動投稿を停止したければ、「STOP SHARING」をクリックしてください。

Revive Old Postの設定手順9

以上で、プラグイン「Revive Old Post」の設定は完了です。

4.SNSの投稿スケジュールを確認する

次に、設定SNSへの投稿スケジュールを確認します。

まず、プラグイン「Revive Old Post」で「Manage queue」をクリックしてください。

SNSの投稿スケジュールを確認する手順1

すると、次の画面に移動します。そこで、「それぞれのSNSに投稿される日程」と、「投稿される記事タイトル」を確認することができます。

SNSの投稿スケジュールを確認する手順2

今後、どのような投稿されるのかを確認できると、安心しますよね。

以上で、プラグイン「Revive Old Post」の解説は終わりです。

5.まとめ

この記事では、

  • Revive Old Postでできること
  • Revive Old Postのインストール
  • Revive Old Postの設定・使い方
  • SNSの投稿スケジュールを確認する

について解説しました。

「Revive Old Post」は、もともとはWordPressの過去記事をTwitterで投稿させるだけのプラグインだったんですよ。しかし、改良されて、Facebookでも自動投稿できるようになりました。

もしかしたら、今後も対応するSNSが増えていくかもしれませんね。その際には、またこの記事でお伝えしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします