• このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。葉です。

 

この記事では、リビジョンの保存数を制限する方法を

紹介していきますね!

リビジョンって何???

と言ったものの、そもそもリビジョンって何???

という疑問がありますよね?

 

リビジョンというのは、

プレビューや下書き、記事の更新をした際に

WordPress内に溜まっていくデータです。

 

このデータがあると、

過去の記事の記事を復元することもできるので、

便利な機能なんですよ。

 

記事の公開のところに

こんな感じで、リビジョンの数が残っています。

Revision Control

したの方にもこんな感じで残っています。

Revision Control

 

ただ、このリビジョン

何が問題なのかというと、

長期間WordPressを運営し続けると

膨大な量のデータになるので、

データベースが圧迫されてしまいます。

 

 

また、投稿IDの数値も

飛び飛びに成ってしまうんです。

まあ、これは大した問題ではないですが。。。

 

また、過去の記事を復元しない人にとっては、

必要のない機能なので、

プラグインRevision Controlを使って

リビジョン機能を制限しちゃいましょう!

 

プラグインRevision Controlをインストール!

では作業に移っていきます。

まず、WordPress管理画面の左メニューより、【プラグイン>新規追加】

をクリックします。

Revision Control

 

プラグインの検索窓に【Revision Control】と入力し

エンターボタンを押します。

Revision Control

 

Revision Controlの【今すぐインストール】をクリックします。

Revision Control

 

【プラグインを有効化】をクリックします。

Revision Control

 

以上で、Revision Controlのインストールは完了です。

 

Revision Controlを設定してリビジョン数を制限しよう!

ここからは、Revision Controlの設定を行っていきます。

WordPress管理画面の左メニューより【設定>リビジョン】をクリックします。

Revision Control

 

 

デフォルトのリビジョン設定より

投稿、固定ページ、Custom CSSのリビジョンを管理可能です。

最大保存数を設定後、【変更を保存】をクリックしてください。

Revision Control

 

僕は過去1回分くらいなら、

復元することもあると思ったので

【念のためリビジョン最大保存数:2】

に設定しています。

 

この辺は、ご自身の判断でお願いします。

 

以上で、プラグインRevision Controlを使ってリビジョンを制限する方法の

解説を終わります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

プラグイン