WordPressプラグインPost Snippetsの使い方-HTMLやPHPをショートコードに登録!

どうも。葉です。

ブログ記事を作成していると記事内で何度も同じ文言や広告などを貼り付ける事がありますよね?その際に毎度毎度すべての文章を打ち込むのは面倒だと感じませんでしたか?

そんな問題を解決してくれるのが「ショートコード」です。

「ショートコード」に普段良く使う文言や広告を入れ込むことで、「ショートコード」が文言や広告になり変わってくれます。これにより、打ち込む文章量が今までより少なくなるのです。

つまり「ショートコード」を自由自在に扱えるようになれば、記事作成時間をぐっと縮めることができるわけです。

ショートコード

そこで、この記事では、その「ショートコード」を簡単に作ることのできるWordPressプラグイン「Post Snippets」の使い方を解説していきます。

1.Post Snippetsとは?

WordPressプラグイン「Post Snippets」は、HTMLやPHPをショートコードとして登録し、記事作成の際に呼び出せるようにできるプラグインです。

具体的には次のようなメリットが有ります。

  • PHPコードをショートコード登録できる
  • HTMLコードをショートコード登録できる
  • ショートコードを使い記事作成時間を短縮できる

2.Post Snippetsのインストール手順

では、ここからは実際に「Post Snippets」のインストール手順を紹介していきます。

まず、WordPress管理画面の左メニューより、「プラグイン→新規追加」をクリックします。

Post Snippetsのインストール手順1

プラグインの検索窓に「Post Snippets」と入力し、エンターボタンを押します。

Post Snippetsのインストール手順2

「Post Snippets」の「今すぐインストール」をクリックします。

Post Snippetsのインストール手順3

「プラグインを有効化」をクリックします。

Post Snippetsのインストール手順4

以上で、プラグイン「Post Snippets」のインストール・有効化が完了しました。

Post Snippetsのインストール手順5

3.Post Snippetsの使い方

ここでは、Post Snippetsの使い方を解説していきます。具体的には、

  1. 新規ショートコードの登録
  2. 登録したショートコードを使う
  3. 登録したショートコードを削除
  4. 実用例:アドセンス広告を登録してみる

の4点です。では、それぞれについて解説していきます。

3-1.新規ショートコードの登録

まずは、ショートコードの登録です。よく使う文言や広告をショートコードに登録することで、記事内で簡単に呼び出すことができるようになります。

WordPress管理画面の左メニューより「設定→Post Snippets」をクリックします。

Post Snippetsの使い方1-1

タブが「Manage Snippets」になっていることを確認したら「Add New Snippet」をクリックします。

Post Snippetsの使い方1-2

すると、次のような画面に移ります。

Post Snippetsの使い方1-3

ここで、ショートコードに登録を行います。
HTMLとPHPでは、ショートコードへの登録作業が若干手順が異なるのでそれぞれ解説しておきます。

htmlコードを登録する場合

Post Snippetsの使い方1-4

phpコードを登録する場合

Post Snippetsの使い方1-5

コードを入力し終わったら「Update Snippets」をクリックします。

Post Snippetsの使い方1-6

以上で、新規ショートコードの登録は完了です。

3-2.登録したショートコードを使う

ここからは、「3-1.新規ショートコードの登録」で登録したショートコードをWordPress記事内で使う方法を解説していきます。

サイドバーより「投稿→新規追加」で新規記事投稿画面に移動します。
ここで先ほど作成したショートコードのタイトルを入力し、「プレビュー」をクリックします。

Post Snippetsの使い方2-1

すると次のようにショートコードに登録した文章が表示されています。

Post Snippetsの使い方2-2

クリックのみでショートコード入力

なお、「作成したショートコードのタイトルを忘れてしまった!」等の場合は、次の手順で作成したショートコードを入力することができます。

新規投稿画面にて「テキスト」に移動し「Post Snippets」をクリックします。

Post Snippetsの使い方2-3

すると、作成したショートコードが一覧で表示されれます。
ここで、入力したいショートコードを選択し「Insert」をクリックします。

Post Snippetsの使い方2-4

すると、次のように選択したショートコードが入力されています。

Post Snippetsの使い方2-5

以上で、登録したショートコードの使い方の解説は終わります。

3-3.登録したショートコードを削除

ここでは、「3-1.新規ショートコードの登録」したショートコードを削除する方法を解説します。

ショートコードを削除する場合は、下図のように削除したいショートコードにチェックを入れて、「Delete Selected」をクリックします。

Post Snippetsの使い方3-1

すると、先ほど選択したショートコードが消えていることが確認できるはずです。

Post Snippetsの使い方3-2

以上で、登録したショートコードの削除の解説は終わります。

3-4.実用例:アドセンス広告を登録してみる

では実際に、プラグイン「Post Snippets」を使ってショートコード登録を行っています。

今回は、アドセンス広告をショートコードに登録してみました。
※既にアドセンス広告を使っているよ!という人はぜひ設定して下さいね。

まずは、こちらより、Google AdSenseにアクセスしログインを済ませます。

Post Snippetsの使い方4-1

「広告の設定」をクリックします。

Post Snippetsの使い方4-2

コードを取得をクリックします。
※既に広告ユニットを作成してあることが前提の手順です。まだ広告ユニットを作成していない人は、広告ユニットの作成から行ってください。

Post Snippetsの使い方4-3

表示された広告コードををコピーします。

Post Snippetsの使い方4-4

次にWordPressにて、アドセンス広告のショートコードを作成します。

まず、「設定→Post Snippets」に移動します。
タイトル、Shortcodeへのチェック、アドセンスコードの貼り付けを行ったら「Update Snippets」をクリックします。

Post Snippetsの使い方4-5

注意
上図の③にアドセンスコードをペーストする際は、その上に「スポンサーリンク<br>」と記述してください。Googleの規約によりアドセンス広告は、広告であることを明記しなければいけません。
Post Snippetsの使い方4-5-1

では実際にWordPressの記事内にアドセンス広告を表示させて見ます。

サイドバーより「投稿→新規追加」をクリックします。
次に記事内容を記述する部分に[AdSense]と入力し「プレビュー」をクリックします。

Post Snippetsの使い方4-6

すると、アドセンス広告が表示されています。
広告であることを示す「スポンサーリンク」も表示されています。

Post Snippetsの使い方4-7

以上で、WordPressプラグイン「Post Snippets」の解説は終わります。

4.まとめ

  • WordPressプラグイン「Post Snippets」とは?
  • WordPressプラグイン「Post Snippets」のインストール手順
  • WordPressプラグイン「Post Snippets」の使い方

を丁寧に解説しました。

最後に「Post Snippets」を使ってアドセンス広告を貼り付ける方法を紹介しましたが、この他にも「AdSense Manager」というプラグインで同様のことができます。

もし、アドセンス広告くらいにしかショートコードの使い道がないようでしたら、「AdSense Manager」でも十分です。

WordPressブログにアドセンス広告を貼り付ける方法|プラグインAdSense Managerを導入しよう!

ただ、個人的には、汎用性の高い「Post Snippets」がおすすめです。この辺はお好みで。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします