WordPressのおすすめプラグイン60選!辞書として使って!設定と使い方まとめ

どうも。葉です。

この記事では、実際に僕が使用したことのあるプラグインをまとめて紹介していきます。

1.辞書として使ってください

この記事内で、紹介しているプラグインの数は膨大です。全部をインストールするのではなく必要なプラグインのみをインストールするようにしてください。

使い方としては、WordPressには、どんなプラグインがあるのかを調べるつもりで見てください。

プラグインはなるべく少なく

また、プラグインは、インストールしすぎるとWordPressが重くなる原因になるので、出来る限り、入れるプラグインの数は減らすようにしてください。

ちなみに、僕が有効化しているプラグインの数は16個です。全部使ってみて、最終的に厳選しました。

機能だけじゃなく設定・使い方の解説もあります

この記事内では、プラグインの機能解説だけでなく、設定方法や使い方も解説しています。

画像つきで丁寧に解説しているので、初心者の方でも真似しながら設定することができますよ。

設定・使い方は各プラグインの機能解説後にリンクで貼ってあります。

2.おすすめプラグイン約60選の機能概要と設定・使い方

では、ここからは、実際にプラグインの機能解説をしていきます。

機能別にプラグインを紹介していきます。「All in One SEO Pack」や「Jetpack」のように複数の機能を保有するプラグインは、機能別に分けて紹介しています。

SEO設定を行うプラグイン

All in One SEO Pack

名前の通りSEO設定をまとめて行う事のできるプラグインです。SEO面では

  • URLの正規化
  • ブログトップのタイトルタグ、ディスクリプションタグの設定
  • 投稿、固定ページのタイトルタグ、ディスクリプションタグの設定

などが可能です。

⇒ プラグインAll in One SEO PackでWordPressのSEO設定をする方法

OGP設定を行うプラグイン

All in One SEO PackでOGP設定

All in One SEO Packは、SEOだけでなくOGP設定も可能です。OGP設定とは、FacebookやTwitterなどのSNS上でシェアされた際の記事の見え方の設定のことです。

⇒ All in One SEO PackでOGP設定!Facebook/TwitterをWordPressに連携させよう!

Open Graph ProでOGP設定

All in One SEO PackがSEO関係の総合的なプラグインであるのに対し、Open Graph Proは、OGP設定に特化したプラグインです。SEO設定は不要だけど、OGP設定はし地という場合は、こちらを使用しましょう。

⇒ OGP設定をするWordPressプラグイン「Open Graph Pro」の使い方

XMLサイトマップ作成(クローラー向けサイトマップ)

All in One SEO PackでXMLサイトマップ作成

All in One SEO Packには、XMLサイトマップを作成する機能もあります。XMLサイトマップには、検索エンジンのクローラー向けにサイトの構造を伝える役割があります。

⇒ All in One SEO PackでXMLサイトマップを作成し、サーチコンソールでGoogleに送信する方法

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、All in One SEO Packと違い、XMLサイトマップを作成する機能のみを持っているプラグインです。

SEO設定やOGP設定が不要な場合はこちらを使用しましょう。

⇒ Google XML Sitemapsの設定+サーチコンソールでGoogleに送信する方法

JetpackでXMLサイトマップ作成

Jetpackは、WordPress.comが提供する35個以上の機能をまとめたプラグインです。その中の機能の一つで、XMLサイトマップを作成できます。上記の2つに比べて細かい設定がないのが特徴です。

⇒ JetpackでXMLサイトマップを作成し、サーチコンソールでGoogleに送信する方法

HTMLサイトマップ(ユーザー向けサイトマップ)

PS Auto Sitemap

訪問したユーザー向けのサイトマップを作成します。カテゴリー別に記事を一覧で並べてくれます。

ユーザが記事を探す際にサイトマップがあると便利です。

⇒ WordPressにサイトマップを作るプラグインPS Auto Sitemapの導入と設定方法!

アクセス解析

Jetpackでアクセス解析

おすすめのアクセス解析プラグインです。過去のPV数の推移、今日のPV数、検索キーワード、リファラ、外部リンクのクリック数などを1つの画面でまとめて表示してくれます。

⇒ プラグインJetpackのサイト統計情報がアクセス解析に便利

WP Statisticsでアクセス解析

WP Statisticsでは、Jetpackより詳しいアクセス解析ができます。

リアルタイムでブログを閲覧しているユーザー数、使用しているブラウザ、訪問者の国・地域、検索キーワード、訪問ユーザーのIPアドレスなどを表やグラフで表示してくれます。

⇒ アクセス解析用プラグインWP Statisticsの設定や使い方

キャッシュ系プラグイン

W3 Total Cache

W3 Total Cacheは、総合キャッシュ系プラグインです。キャッシュを作成してブログの表示速度を向上させてくれます。

ページキャッシュの作成、コードの最適化、オペコードキャッシュの作成、データベースキャッシュの作成、オブジェクトキャッシュの作成、ブラウザキャッシュの作成などを行ってくれます。

⇒ プラグインW3 Total Cacheの使い方・設定方法!キャッシュでWordPressを高速表示

データベース最適化・リビジョン削除

WP-Optimize
  • データベースの最適化
  • リビジョン、スパムコメント等の不要データの削除

を自動で定期的に行ってくれます。不要データが溜まるとWordPressが重くなることがああります。WordPressが遅いと感じたら導入してみてください。

⇒ WP-Optimizeの日本語化+設定・使い方!WordPressのリビジョン削除やデータベースの最適化

Better Delete Revision

溜まったリビジョンをワンクリックで削除できます。リビジョンが貯まるとWordPressが重くなることがあります。

⇒ リビジョンを削除するプラグインBetter Delete Revisionの使い方

Revision Control

リビジョン数を自動で制限できます。一度設定したら、リビジョンのことを気にする必要がなくなるので、便利です。

⇒ プラグインRevision Controlでリビジョン数を制限しよう!

セキュリティ

SiteGuard WP Plugin

WordPressのセキュリティプラグインです。

  • WordPressのログインページURLの変更
  • コメントの画像承認(スパム対策にもなる)
  • 一定数ログインに失敗した際のログインロック
  • ログイン通知
  • etc

などWordPressを守るための機能が一通り揃っています。

⇒ WordPressのセキュリティプラグインSiteGuard WP Pluginの設定・使い方!ログインページURLを変更する

Akismet

スパムコメントをブロックしてくれます。「SiteGuard WP Plugin」の画像承認機能を使えば、このプラグインを使わなくてもスパムコメントをブロックできます。

⇒ WordPressプラグインAkismetの設定方法。apiキー取得や使い方を徹底解説

リンク切れチェック

Broken Link Checker

リンク先のURLが消えてしまった際に、リンクが切れたことを教えてくれます。

Googleは、リンク切れ(404エラー)の殆どが、検索順位に影響を与えないと言っています。

ただし、リンク切れがあまりにも多いとユーザー満足度は下がります。その結果として検索順位が下がる可能性は捨てきれません。

なので、「Broken Link Chekder」は導入しておいたほうがいいでしょう。

⇒ リンク切れを教えてくれるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」が便利すぎ

画像圧縮

Compress JPEG & PNG images

WordPressにアップロードするjpg画像、png画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。「TinyPNG」という画像圧縮サービスを提供しているサイトがリリースしているプラグインです。圧縮率が高いのでおすすめです。

⇒ png,jpg画像を圧縮するWordPressプラグインCompress JPEG & PNG imagesの設定・使い方

EWWW Image Optimizer

こちらもWordPressに画像をアップロードする際に画像を自動圧縮してくれるプラグインです。「Compress JPEG & PNG images」より圧縮率が低いです。

⇒ 画質の劣化なしに画像圧縮をするWordPressプラグインEWWW Image Optimizerの使い方

画像読み込み遅延

Lazy Load

画像の読み込みを遅延させることでブログの表示速度を上げるプラグインです。ページを下にスクロールしていく中で順番に画像を読み込んでいきます。

⇒ 画像読み込みを遅延させるプラグインLazy Loadの導入と設定|記事の表示速度を向上させよう!

SNS関連のプラグイン

Revive Old Post(過去記事をSNSに自動投稿)

過去に投稿した記事を定期的にFacebookやTwitterに投稿してくれるプラグインです。眠っている過去記事を復活させたい方におすすめです。

⇒ Revive Old Postの設定・使い方!過去記事をFacebook/Twitterに自動投稿

Sharebar(スクロール追従型のシェアボタン)

画面をスクロースしても追従表示されるシェアボタンを設定することができます。

⇒ Sharebarの設定・使い方!WordPressに追従型のソーシャルボタンを設置する方法

SNS Count Cache(シェア数をキャッシュ保存)

SNEのシェア数をキャッシュできるプラグインです。公式のシェアボタンの表示速度が遅いことに不満を感じている人には、おすすめです。キャッシュよりシェア数を呼び出すのですぐに表示されます。

⇒ プラグインSNS Count Cacheの設定・使い方|ソーシャルボタンを高速表示

この記事が気に入ったらいいね

記事下にFacebookページのいいねボタンと、Twitterのフォローボタンを設定するプラグインです。ブログファンを増やしたいなら、使用しておきたいプラグインです。

⇒ WordPressの記事下にFacebookいいねやTwitterフォローを表示するプラグイン「この記事が気に入ったらいいね」を導入してみた!

Jetpack-SNSに自動投稿

記事を投稿する際に同時にFacebook、Twitter、Google+などのSNSにも自動投稿してくれるプラグインです。

⇒ WordPress記事をFacebook/Twitter/Google+に連携して自動投稿する方法【Jetpackパブリサイズ共有】

アイキャッチ画像

Auto Post Thumbnail

投稿した記事の画像を使って自動的にアイキャッチ画像を設定してくれるプラグインです。投稿の一番最初の画像をアイキャッチ画像に設定するのがおすすめです。

⇒ 画質の劣化なしに画像圧縮をするWordPressプラグインEWWW Image Optimizerの使い方

ページネーション

WP-PageNavi

ページネーションを番号付きのものにしてくれるプラグインです。

⇒ 賢威7のページネーションを数字(番号付き)表示するプラグインWP-PageNaviの設定方法

外部リンクの挙動

WP External Link

外部リンクに対して、自動的にタグを更かしてくれます。

  • 外部リンクを新規タブで開く
  • 外部リンクにnofollowタグを付ける
  • 外部リンクだとわかるようにアイコンとつける

などができます。

⇒ 外部リンクに自動的にnofollowタグを付けるプラグインWP External Linkの導入と設定方法!

External Links

外部リンクに対して、自動的にタグを更かしてくれます。

  • 外部リンクを新規タブで開く
  • 外部リンクにnofollowタグを付ける
  • 外部リンクだとわかるようにアイコンとつける

などができます。「WP External Link」より機能がシンプルです。

⇒ 外部リンクを自動でnofollowかつ新規ウィンドウで開くプラグインExternal Linksの使い方

目次を作成

Table of Contents Plus

投稿や固定ページに見出しごとの目次を設置することができるプラグインです。目次に表示させる目次の階層なども選択できます。

⇒ WordPressに目次を設置するプラグインTable of Contents Plusの導入と使い方

コードを切れに表示するシンタックスハイライト

WP Code Highlight.js

WordPress上で、CSSコードやHTMLコードなどをきれいに表示するためのプラグインです。他のシンタックスハイライトプラグインと比べて動作が軽いのも特徴です。

⇒ プラグインWP Code Highlight.jsでWordPressにソースコードを素早く表示する方法

サイドバーを固定・追従表示

Q2W3 Fixed Widget

サイドバーにある任意のコンテンツを画面をスクロールしても追従表示させることができます。チェック一つで追従するコンテンツを選べるので簡単です。

⇒ サイドバーを固定させて追従表示するプラグインQ2W3 Fixed Widgetの使い方

カテゴリー並び替え

Category Order and Taxonomy Terms Order

WordPressのカテゴリーを任意の順番に並び替えることができます。

⇒ Category Order and Taxonomy Terms Orderの使い方-カテゴリー/タクソノミーを並び替え

サイドバーに人気記事表示

WordPress Popular Posts

サムネイル画像付きの人気記事をサイドバーに表示させることができます。PV数、コメント、著者、投稿日、カテゴリーなどを一緒に表示させることもできます。

⇒ サイドバーにサムネイル画像付きで人気記事を表示するプラグイン|WordPress Poular Postsの設定方法

WP-PostViews

より、簡易的に人気時事をサイドバーに表示させたい場合は、こちらを使いましょう、。

⇒ プラグインWP-PostViewsの設定・使い方

サイドバーに新着記事表示

Newpost Catch

新着記事をサムネイル画像付きでサイドバーに表示してくれるプラグインです。

⇒ サイドバーにサムネイル画像付きで新着記事を表示するプラグイン|Newpost Catchの設定方法

関連記事

WordPress Related Posts

投稿の下にサムネイル画像付きの関連記事を表示してくれるプラグインです。デザインタイプも沢山あるのでおすすめです。

⇒ 記事下にサムネイル画像付き関連記事を設置するプラグインWordPress Related Postsの設定・使い方

Yet Another Related Posts Plugin

投稿の下にサムネイル画像つきの関連記事を表示してくれるプラグインです。デザインは少ないですが、関連記事の関連性の強さをいろんな項目から設定できます。

表示する記事の関連性の強さを意識するなら、こちらがいいでしょう。

⇒ Yet Another Related Posts Pluginの設定・使い方!関連記事をサムネイル画像形式で自動表示

MCE(ブログに表などを入れる)

TinyMCE Advanced

WordPressのエディタに新規機能を追加できるプラグインです。ブログに表を入れたりするのに便利です。

⇒ TinyMCE Advancedの使い方|表テーブルの挿入や枠線、背景色の変更方法

お問い合わせフォーム

Contact Form 7

ブログにお問い合わせフォームを作る際に便利なプラグインです。

⇒ お問い合わせフォームを設置するプラグインContact Form 7の導入方法!

Jetpack

Jetpackの機能の1つにお問い合わせページを作成する機能があります。「Contact Form 7」ほどたくさんの機能はありませんが、これだけでも十分に使えます。

⇒ ジェットパック(jetpack)でコンタクトフォーム(お問い合わせ)を作る方法

プラグインのブログ表示速度への影響測定

P3 (Plugin Performance Profiler)

プラグインが与えているブログ表示速度への影響を表示してくれます。

各プラグインのロード時間を表示してくれます。ロード時間の長いプラグインを無効化することで、ブログ表示速度が向上するかもしれません。

⇒ プラグインP3の使い方!ブログ表示速度が遅い原因を簡単分析!

リンクをかっこよくカード形式で表示

Pz-LinkCard

内部リンク、外部リンクをともにかっこよくカード形式で表示できるプラグインです。カードの大きさや色、画像の位置など様々なデザイン変更もできるので、あなたの好みのリンクカードを作れます。

⇒ 超便利!WordPressにアイキャッチ画像や枠線付きのカードリンクを作成するプラグインPz-LinkCard

画像の横並び等、1記事内で複数カラム表示

WP Canvas – Shortcodes

WordPressでおしゃれな記事を書くためのショートコードが詰め込まれているプラグインです。

  • 2カラス表示、3カラム表示
  • 画像を横に並べる
  • アコーディオン(クリックすると読みたい部分が開く)
  • ボックス(文字を枠線で囲む)
  • きれいなボタン
  • 価格表

など様々な機能をブログの記事内に埋め込むことができます。次の記事では、画像を横に並べたり、2カラム、3カラム表示する方法を解説しています。

ぜひ読んでみてください。

⇒ WordPressで画像を横並びにする方法!プラグイン「WP Canvas – Shortcodes」が便利すぎる!

ショートコード登録

Post Snippets

記事を書く際によく使うコードをショートコードとして登録しておくと記事作成時間がスムーズになります。「Post Snipetts」は、簡単にショートコードを作成できるプラグインです。

⇒ WordPressプラグインPost Snippetsの使い方-HTMLやPHPをショートコードに登録!

アドセンス

AdSense Manager

AdSense Managerは、アドセンス広告を記事内の好きな場所に簡単に挿入できるようにするプラグインです。

⇒ WordPressブログにアドセンス広告を貼り付ける方法|プラグインAdSense Managerを導入しよう!

Master Post Advert

Master Post Advertは、moreタグの上にアドセンス広告を挿入するプラグインです。moreタグの上に必ずアドセンス広告を挿入するのであれば、ぜひ導入してほしいプラグインです。

⇒ Master Post Advertの導入と設定|記事のmoreタグ内にアドセンス広告を表示させるプラグイン

functions.phpの編集

Code Snippets

functions.phpに直接記述せずにコードを追加することができるプラグインです。機能ごとに名前を付けてON/OFFを切り替えることができます。

⇒ WordPressプラグインCode Snippetsの使い方【functions.php編集】

タグ・ショートコード

AddQuicktag

記事を書く際によく使うタグやショートコードをWordPressのエディタに登録することができます。記事作成効率を上げたければぜひとも導入しておきたいプラグインです。

⇒ プラグインAddQuicktagの使い方!タグ・ショートコードを一発入力で記事作成効率化

インデックス

No self Pings

WordPressには、リンクを張った先のURLに対して、リンクを張りましたよ!と通知する機能があります。この機能により、内部リンクを貼った際に、コメント欄に通知が届きます。毎回、この通知を削除するのが面倒な場合に、No self Pingsを使用することで、この通知が届かなくなります。

⇒ プラグインNo self Pingsの使い方!セルフピンバックの停止

WordPress Ping Optimizer

WordPress Ping Optimizerでは、WordPressによる過度なping送信を抑制します。具体的には、WordPressでは、記事を編集しただけでもping送信をしてしまうのですが、これを、記事を投稿したときのみに変更する事ができます。

⇒ WordPress Ping Optimizerの設定・使い方!ping送信先一覧を紹介

PubSubHubbub

PubSubHubbubでは、更新した記事をいち早くGoogleに通知しすることができます。これにより、

  • インデックス速度の向上
  • スパマーによるコピーコンテンツが本物のコンテンツだと認識されることへの抑制

の効果があります。

⇒ プラグインpubsubhubbubでWordPress記事を爆速でインデクスさせよう!

好きなだけ改行

brbrbr

WordPressで複数行の改行を自由自在に行えるようにするプラグインです。

⇒ WordPressで改行できない問題を解決する方法|プラグインbrbrbrを導入しよう!

日本語不具合解決

WP multibyte Patch

WordPressを日本語で使うことで起こる不具合を解決してくれるプラグインです。

⇒ プラグインWP multibyte Patchの設定・使い方!日本語の不具合を簡単解消

複数プラグインを一括インストール

Multi Plugin Installer

複数のプラグインを一括インストールするプラグインです。

⇒ Multi Plugin Installerの使い方!複数のプラグインを一括インストール!

ブログ内の検索ボックスのキーワードを記録

Search Meter

ブログ内の検索窓にて検索されたキーワードを記録してくれます。あなたのブログに訪問したユーザーが他にどんなことを知りたいと思っているかを調査できます。

⇒ Search Meterの使い方-WordPressサイト内検索のキーワードを記録・閲覧

ブログ内の文言やコードを一括変更

Search Regex

ブログ内の特定の文言やコードを一括変換するプラグインです。

⇒ プラグインSearch Regexの使い方|文字列・文言・コードを一括置換

不要プラグイン

Hello Dolly

WordPress内に、ジャズトランペット&シンガーのルイ・アームストロングの曲Hello Dollyの歌詞が表示されるプラグインです。機能面ではなんの意味もなしていないので削除してしまいましょう。

⇒ WordPressの初期プラグインHello Dollyは不要です!削除しちゃいましょう!

3.まとめ

この記事では、僕が実際にインストールして使ってみたプラグインを約60個の概要解説と具体的な設定・使い方について解説しました。

機能を確認して、使ってみたいと思ったプラグインのみを使用するようにしてください。

また、プラグインを入れすぎるとWordPressが重くなるので注意しましょう。

僕のおすすめは20個以下です。