外部リンクを自動でnofollowかつ新規ウィンドウで開くプラグインExternal Linksの使い方

どうも。葉です。

あなたは、ブログ内に外部リンクを貼る際『nofollowタグ』を付加していますか?

『nofollowタグ』には、クローラー(検索エンジン)がリンクを辿れなくすることにより、リンク先のサイトにSEO効果を移らなくする効果があるので、人によっては、すべての外部リンクに手動でnofollowタグを付加していると思います。

ただ、毎回手動で、外部リンクにnofollowタグを記述するのはかなり面倒な作業ですよね。そこで、この記事では、外部リンクに自動的にnofollowタグを付加し、さらに新規ウィンドウで開くプラグインExternal Linksのインストール~使い方を丁寧に紹介します。

※現在は、すべての外部リンクに対してnofolloタグを付けるのは良くないと考えているので「新規ウィンドウで開く」のみを有効にしています。

外部リンクにnofollowタグを自動付加するプラグインは複数ある!おすすめは?

External Linksの導入方法について解説する前に、『nofollowタグ』を自動的に付加できるプラグインが複数種類あることを認識しておきましょう。

代表的なのは次の3つのプラグインです。

これらのどれを使っても、自動的に外部リンクに『nofollowタグ』を付加してくれるのですが、それぞれに異なった特徴が存在しますので、はじめにその違いを紹介していきます。

異なるプラグインと比較することで、『External Linksのどこが良いのか?』がわかるのでしっかりと読んでくださいね。

External Linksの特徴

  • 外部リンクに自動的にnofollowタグを付加する。
  • 外部リンクを新規ウィンドウで開くことができる。
  • 外部リンクにアイコンを付けることができる。

の機能を有しています。また、機能がシンプルなのも嬉しいところです。


WP External Linksの特徴

  • 外部リンクに自動的にnofollowタグを付加する。
  • 外部リンクを新規ウィンドウで開くことができる。
  • 外部リンクにアイコンを付けることができる。
  • 外部リンクのアイコンに複数の種類がある。
  • その他細かい設定ができる。

といった機能を有しています。その他にも細かな設定ができるので機能面で言えばWP External Linksが最も充実しています。ただし、WordPressへの負荷が大きいのでブログ表示速度への影響が心配されます。

WP Nofollow Postの特徴

  • 細かい設定はない。
  • インストールして有効化するだけですべての外部リンクにnofollowタグを付加してくれる。

といった特徴を持っています。機能が少ないので初心者には一番使いやすいかもしれません。ただ、外部リンクを新規ウィンドウで開くように設定できません。

おすすめは?

どれがおすすめなのか?と聞かれたら僕の答えは、本記事で紹介していく『External Links』です。

理由は、

  • 外部リンクへのnofollowタグ自動付加
  • 外部リンクを新規ウィンドウで開く
  • の両方に対応していてかつWordPressへの付加が小さいことです。

    ブログ表示速度とSEOについて
    Googleは、ブログの表示速度を検索ランキングを決める要素の1つとしています。なので、上位表示を目指すためには、可能な限りブログ表示速度は早くしたほうが良いのです。

    こういった理由から、昔は『WP External Link』を使っていたのですが、今は、『External Links』にくら替えしました。

    とはいっても、最近のサーバーは高機能なものが多いのでプラグインを変えたからといって肌で感じるほどの劇的な表示速度の改善はありませんでした。

    ただ、WordPressプラグインP3でプラグインによるブログへの負荷をチェックしてみたところ、『External Links』のほうがブログにかけている付加が明らかに少ないことがわかりました。

    なので、『WP External Link』よりも機能的にシンプルな『External Links』がおすすめです。

    External Linksのインストール

    前置きが長くなってしまいましたが、ここからは、WordPressプラグイン『External Links』のインストールを行っていきます。以下のとおりに作業をすすめるだけでインストール可能です。

    まずは、WordPress管理画面の左メニューより『プラグイン→新規追加』をクリックします。

    External Linksインストール

    次に表示された画面でプラグインの検索窓に『External Links』と入力しエンターボタンを押します。

    External Linksインストール2

    External Linksの『今すぐインストール』をクリックします。

    External Linksインストール3

    『プラグインの有効化』をクリックします。

    External Linksインストール4

    以上でWordPressプラグイン『External Links』のインストールは完了です。プラグインが有効化されていることを確認しましょう。

    External Linksインストール5

    External Linksの使い方

    実際にWordPressプラグイン『External Links』の使い方を紹介していきます。チェックボックスの有り無しを付けるだけのシンプルな設定なので初心者のかたでも簡単に設定できます。

    WordPress管理画面の左メニューより『設定→External Links』をクリックします。

    External Links使い方

    すると次のような画面が表示されるので各項目にチェックボックスを有り無しを設定していきます。

    難しく考えずに下の図を参考にどこにチェックを入れるのかを決めてください。

    External Links使い方2

    最後に『Save Changes』をクリックしたら設定は、完了です。

    各項目についてより詳しく解説

    念のため各項目についての詳しい解説を追加しておきます。画像の解説だけで意味がわからない場合は、こちらを参照してください。

    Apply Globally

    このプラグインでの設定をすべての外部リンク(※対象外あり)に反映させます。
    グローバルメニューなどにも反映されてしまうのでチェックしないほうが良いでしょう。

    ※対象外:scripts、styles、html head section

    • scriptとは:文章中にスクリプトを埋め込むためのタグ→<script>タグ
    • sytleとは:スタイルシートを記述するためのタグ→<style>タグ
    • html head sectionとは:htmlの<head>タグで囲まれた部分
    Apply to Text Widgets

    このプラグインでの設定を『投稿、固定ページ、コメント』内のすべてのテキスト形式の外部リンクに反映させます。

    ※プラグインの説明欄にはなかったのですが、サイドバーも対象内です。

    Treat Subdomains as Local

    サブドメインを内部リンク扱いにします。
    わかりづらいので例で説明しますね。

    このブログのルートドメインは、「https://youland.net/」です。このドメインに「sub.」等の任意の文字を追加した「http://sub.youland.net/」がサブドメインになります。

    この時にメインドメイン(https://youland.net/)からサブドメイン(http://sub.youland.net/)にリンクを張ったら、それを内部リンクとして扱うという意味です。

    よくわからなければチェック不要です。

    Add No Follow

    外部リンクに自動で「rel="nofollow"」を追加記述します。
    nofollowタグを付加することでGoogleクローラーが先のリンクを辿らなくなります。

    本記事のメインの目的ですが、個人的には外部リンクに自動で「rel="nofollow"」を追加記述するのはあまりおすすめしません。この記事の「補足」部分で説明しています。

    Auto Convert Text Urls

    記事を書く際にテキスト形式のURLを記述しても自動的にテキストリンク形式に変更します。「https://youland.net/」と記述してもリンクは貼られていないですが、これを自動的にテキストリンクに変えてくれるということです。

    よくわからない人はチェック不要です。

    Add Icons

    外部リンクに対して自動でアイコンを追加してくれます。

    External Links使い方3

    Open in New Windows

    外部リンクに「target=”_blank”」を追加記述して、クリック時に新規ウィンドウで開くようにしてくれます。

    チェックを入れることを奨励します。

    Exclude HTML Code Blocks

    <code>タグや<pre>タグ内では、プラグインの設定を反映させないようにします。特にチェックは必要ないです。

    Domains to Exclude

    このプラグインでの設定対象外にしたいサイトのドメインを記述することで、そのサイト対象外になります。

    注意
    ドメインを記述する際、「 http://」「 https://」「 www.」は不要です。
    例えば、このブログのURLは、「https://youland.net/」ですが、Domains to Excludeには「youland.net」と記述します。

    まとめ

    以上で外部リンクに自動で「nofollowタグ」を追加記述したり、新規ウィンドウで開かせるようにするプラグイン「External Links」の解説は終わりです。

    迷う事のないように丁寧に解説したつもりですが、わかりづらい部分があったら連絡していただけると嬉しいです。

    追加補足:外部リンクには、nofollowタグを付けるべきなのか?

    記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。最後に補足的に説明しておきたいことができたので追加で書かせていただきます。

    それは、外部リンクに対してnofollowタグを記述するべきなのか?という根本的な問題です。

    まずは、Googleの公式サイトにあるnofolloタグの使い方について一部文章を引用します。

            

    信頼できないコンテンツ: サイトのリンク先のページのコンテンツを保証できない、あるいは保証したくない場合(リンク先が信頼性のないユーザー コメントやゲストブック エントリの場合など)は、このようなリンクを除外します。これにより、サイトが不正行為者のターゲットになることを阻止でき、不正なウェブサイトの PageRank に貢献しないようにできます。特に、コメント スパムでは、特定のコンテンツ管理システムやブログ サービスで信頼できないリンクが追跡されていないことがわかると、それらを攻撃の対象から除外することが考えられます。信頼のおける投稿者を尊重したいのであれば、長期にわたって質の高い投稿を続けているメンバーやユーザーが投稿したリンクから nofollow 属性を自動または手動で削除することもできます。

    参照:特定のリンクに対して rel="nofollow" を使用する – Search Console ヘルプ

    上記に「不正なウェブサイトの PageRank に貢献しないようにできます。」とあるので、「nofollowタグ」を付加せずに外部リンクを送るとそのサイトのSEOに貢献していることは確かなようです。

    また、次のGoogleの引用文より考えると外部リンクに「nofollowタグ」を追加記述することで自分のサイトを優先的にクロールさせることができる!と解釈することもできます。

    クロールの優先順位: 検索エンジン ロボットは、メンバーとしてフォーラムにログインすることも登録することもできません。このため、Googlebot で「ご登録はこちらから」 や「ログイン」のリンクをたどる必要性はありません。このようなリンクで nofollow を使用すれば、他に Google インデックスへの登録を優先したいページが Googlebot でクロールされるようになります。しかしながら、わかりやすいナビゲーション、ユーザーや検索エンジンにわかりやすい URL など、体系的にサイトを構築するほうが、リンクに nofollow 属性を設定してクロールの優先順位を付けるより、はるかに効果的にリソースを活用できます。

    つまり、「nofollowタグ」を外部リンクに付加することで間接的ではありますが、SEO効果はあると考えられます。

    ※Googleは、外部リンクに「nofollowタグ」を付加することにより「SEO効果がある」とは一言も言っていないのであくまでも僕個人の考察です。

    役に立ったサイトにnofollowタグはマナー違反?

    ただ、僕個人的な意見で言えばすべての外部リンクに「nofollowタグ」を付加するのは反対です。

    というのも、外部リンクに使おうと思ったサイトが役に立つサイトであるならば、僕らいは、参考としてリンクを貼らせてもらう立場なので、サイトのSEOに貢献するべきと考えるようになったからです。

    精神的な問題ではありますが、「役に立った!」と思ったサイトには、「nofollowタグ」を付加しないのがマナーだと考えています。

    ただ、僕はこれまで外部リンクに対して「nofollowタグ」を付加してきたので、今後気付いたら「nofollowタグ」を外していこうと思います。

    もし、僕のブログ内で「nofollowタグ」が付いている場所を見つけたら教えていただけると嬉しいです。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします