プラグインNo self Pingsの使い方!セルフピンバックの停止

どうも。葉です。

この記事では、セルフピンバックを停止してくれるプラグイン「No self Pings」について解説していきます。

「No self Pings」は、インストールさえすれば、特に設定不要で使えるプラグインです。

しかし、一体どんな目的のために使用しているのかは、理解しておかないと行けないですよね。「No self Pings」を使用する目的を理解していきましょう。

ピンバックとは?

ピンバックというのは、WordPressの機能の一つで、とあるブログにリンクを張ると、そのブログから自動的にバックリンクが貼られる仕組みのことを言います。

正式には、コメント欄への掲載承認が必要になるので完全自動ではないんですけどね。

言葉だけだとわかりにくいので図付きで解説していきます。

まず、サイトAで、サイトBに対してリンクを張ります。

ピンバックとは1

すると、サイトBのブログ運営者に対して、「サイトAからリンクが貼られましたよ!」という通知が届きます。

ここで、サイトBの運営者が、「サイトAのコンテンツはすごいな!よし!ピンバックを承認しよう!」とピンバックを承認することで、サイトAにリンクを張ります。

ピンバックとは2

すると、このように、サイトAとサイトBは、相互リンクの関係になります。これがピンバックの流れです。

なお、ピンバックは、サイトA、サイトB共にWordPressブログの場合のみに使用可能な機能です。

WordPressデフォルトのピンバックの問題点

ただし、ピンバックは、リンク元とリンク先がWordPressであれば、自動的に通知する仕組みなので、自分のサイトから自分のサイトにリンクを貼った時にも、自分自身にピンバックが送られてきます。

ピンバックとは3

自サイト同士のピンバックは、余り使う機会はありません。なので、手動でピンバックを拒否していく必要があります。

ただ、セルフピンバックをいちいち毎回、拒否するのは面倒ですよね。

No self Pingsは、セルフピンバックのみ停止する

そこで、外部サイトへのピンバックは残しつつ、自分のサイトへのピンバック(セルフピンバック)のみを停止してくれるプラグイン「No self Pings」があると、自分でセルフピンバックを拒否する手間が省けます。

セルフピンバックをいちいち毎回、拒否するのが面倒と感じる方は、プラグイン「No self Pings」を導入してください。

No self Pingsのインストール

WordPress管理画面の左メニューより「プラグイン→新規追加」をクリックします。

No self Pingsのインストール手順1

プラグインの検索窓に「No self Pings」と入力するとプラグインの検索をはじめます。検索結果に「No self Pings」が表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

No self Pingsのインストール手順2

「有効化」をクリックします。

No self Pingsのインストール手順3

「No self Pings」が有効化されていることを確認します。

No self Pingsのインストール手順4

以上で、プラグイン「No self Pings」のインストール・有効化は完了です。

No self Pingsの設定・使い方

No self Pingsは、特に細かい設定等は必要ありません。プラグインをインストール・有効化しただけで、セルフピンバックを停止してくれます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします