賢威7の記事最下部に表示されるタグ表示を消す方法

どうも。葉です。

この記事では賢威7の記事下に表示されているタグを消す方法を紹介していきます。

まずは、デフォルトの状態でのタグ表示を確認してみましょう。

賢威7の記事したにタグ表示

このままでも問題はないのですが、「デザイン的に気に入らない!」「SEO戦略的に記載したくない!」等の理由がある方は、この記事で紹介している方法でタグ表示を消してしまいましょう。

ちなみに、賢威6.2の記事したにあるタグを消す方法も紹介しているので賢威6.2を使っている人は参考にしてください。

賢威7におけるタグの役割は何?

では、早速タグを消して行こうと思うのですが、その前に賢威7におけるタグの役割を確認しておきましょう。

賢威7におけるタグの役割は、
「そのページの特徴や位置づけを端的に表すこと」
です。SEOを目的に設定する方もいるようですがメインは、本来の目的はページの内容をユーザーにわかりやすく伝えることというわけです。

賢威7のタグには、この他にも

  • meta keywordタグの自動設定
  • タグページの生成

といった機能があります。

補足説明:meta keywordタグとSEO効果

賢威では、タグで設定したキーワードが自動的にmeta keyworタグにも設定されます。

meta keywordタグには、検索エンジンに対して「サイトで重要視しているキーワード」を伝える役割があり、meta keywordタグにキーワードを詰め込むことでSEO効果があったようです。

しかし、その結果としてmeta keywordタグに大量のキーワードを詰め込む等のスパム行為が横行した為、今現在では、meta keywordタグは検索順位の決定要素として使われていません。

実際にGoogleのWebmaster Central Blogにて次のように回答しています。

Google doesn’t use the "keywords" meta tag in our web search ranking.(2009年9月21日時点)

<日本語訳>
Googleは、検索ランキングにmeta keywordタグを使用しません。

将来的にmeta keywordタグが検索エンジンのランキングに影響をあたえる可能性はありますが、現時点では、meta keywordタグにSEO効果はありません。

記事下のタグ表示を消す手順

ここまで読んでいただければ、賢威7におけるタグ設定の役割やSEOとの関連性を理解していただけたと思います。なので、ここからは実際に賢威7の記事下にあるタグ表示を消す手順を紹介していきます。

まずは、WordPress管理画面の左メニューより「外観→テーマの編集」をクリックします。

賢威7の記事下のタグ表示消去1

「個別投稿(single.php)」をクリックします。

賢威7の記事下のタグ表示消去2

個別投稿 (single.php)に以下のコードが有るので削除または、コメントアウトして「ファイルを更新」をクリックしてください。

<div class="post-tag">    
<p><?php _e('Tags', 'keni'); ?>:<?php the_tags('', ', '); ?></p>
</div>

賢威7の記事下のタグ表示消去3

この状態で記事を確認してみると記事最下部のタグが消えているはずです。

賢威7の記事下のタグ表示消去4

まとめと個人的な考え

賢威7の記事下に表示されているタグを消す方法を丁寧に解説しました。

ただ、個人的には、このタグ表示は消すべきではないと考えています。
理由は、記事下にタグがあることでサイト回遊率が上がる可能性があると考えているからです。

記事を読み終わった時にタグをクリックしてもらえる可能性は0ではないですよね。そして、クリック後のタグページからさらに別の記事へ移動する可能せもまた0ではありません。

ということで、記事下のタグは消すべきではないというのが僕の答えです。

タグのnoindex設定について
meta keywordを増やすために大量のタグを設定していた場合は、タグページを「noindex」にすることをおすすめします。
タグページが量産されることで質の低いコンテンツが大量に存在するブログと認識されるのを避けるためです。
タグページをnoindexにするには、All in One SEO Packを使用してください。ただし、賢威を使用しているのであれば、All in One SEO Packを使用しなくてもタグページをnoindexにできます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします