賢威7の個別記事内で公開日、更新日を消す、表示位置を記事下に変更.png

どうも。葉です。

この記事では、賢威7の個別記事(投稿)の上部にでてくる公開日や更新日を消したり、表示位置を記事下に変更する方法を紹介していきます。

1.この記事を読むとできるようになること

まずは、この記事を読むことでできるようになることを確認していきましょう。具体的には、次のように個別記事(投稿)の上部にある公開日、更新日を消したり、任意の場所に表示させたりできるようになります。

変更前

賢威7のデフォルト設定では公開日、更新日が記事上部に表示されている

変更後

賢威7の個別記事内で公開日、更新日が消えた

記事中部(省略)

賢威7の下部に公開日、更新日が表示

では実際に、公開日、更新日を消したり、表示位置を記事下に変更するための手順を解説していきます。

2.賢威7の個別記事内で公開日、更新日を消す、表示位置を記事下に変更する手順

WordPress管理画面の左メニューより「外観→テーマの編集」をクリックしてください。

賢威7の個別記事内で公開日、更新日を消す、表示位置を記事下に変更する手順1

「個別投稿(single.php)」をクリックしてください。

賢威7の個別記事内で公開日、更新日を消す、表示位置を記事下に変更する手順2

ここから、「個別投稿(single.php)」を編集していきます。

なお、編集前に「個別投稿(single.php)」のバックアップを取っておいてくださいね。

では、実際に作業を行っていきます。

記事上部から公開日、更新日を消す

記事上部から公開日、更新日を消す消すのは、とっても簡単です。

「個別投稿(single.php)」内で次のコードを削除するか、<!–〇〇–>でコメントアウトするだけです。

↓公開日、更新日を表示するコード↓

<?php if (get_the_time('Y-m-d') != get_the_modified_date('Y-m-d')) { ?>
<p class="post-date"><?php _e('Published on','keni') ?> : <time datetime="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" itemprop="datePublished" content="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" ><?php the_time(get_option('date_format')); ?></time> / <?php _e('Last modified on','keni') ?> : <time datetime="<?php the_modified_date('Y-m-d'); ?>" itemprop="dateModified" content="<?php the_modified_date('Y-m-d'); ?>"><?php echo get_the_modified_date(get_option('date_format')); ?></time></p>
<?php } else { ?>
<p class="post-date"><time datetime="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" itemprop="datePublished" content="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" ><?php the_time(get_option('date_format')); ?></time></p>
<meta itemprop="dateModified" content="<?php the_time('Y-m-d'); ?>">
<?php } ?>

賢威7の個別記事内で公開日、更新日を消す、表示位置を記事下に変更する手順3

これで、賢威7上部の公開日や最終更新日が表示されなくなります。

記事下に公開日、更新日を表示する

さらに、この公開日や最終更新日を任意の場所に表示させたい場合は、あなたの好きな場所に次のコードを記述してください。

↓公開日、更新日を表示するコード↓

<?php if (get_the_time('Y-m-d') != get_the_modified_date('Y-m-d')) { ?>
<p class="post-date"><?php _e('Published on','keni') ?> : <time datetime="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" itemprop="datePublished" content="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" ><?php the_time(get_option('date_format')); ?></time> / <?php _e('Last modified on','keni') ?> : <time datetime="<?php the_modified_date('Y-m-d'); ?>" itemprop="dateModified" content="<?php the_modified_date('Y-m-d'); ?>"><?php echo get_the_modified_date(get_option('date_format')); ?></time></p>
< ?php } else { ?>
<p class="post-date"><time datetime="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" itemprop="datePublished" content="<?php the_time('Y-m-d'); ?>" ><?php the_time(get_option('date_format')); ?></time></p>
<meta itemprop="dateModified" content="<?php the_time('Y-m-d'); ?>">
< ?php } ?>

今回は、記事終わりのすぐ下に公開日や最終更新日を表示させてみました。

具体的には、

</div><!--article-body-->

のすぐ下に「公開日、更新日を表示するコード」を貼り付けてください。

賢威7の個別記事内で公開日、更新日を消す、表示位置を記事下に変更する手順4

これで、記事の下部に公開日、更新日が表示されているはずです。

3.まとめ

この記事では、賢威7の個別記事(投稿)に表示される公開日、更新日を消したり、表示位置を記事下に変更する方法を解説しました。

類似記事として、個別記事(投稿)のカテゴリーの表示を消したり、表示位置を変更する方法についてまとめたものがあるので、こちらも読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします