JetpackでXMLサイトマップを作成し、サーチコンソールでGoogleに送信する方法

どうも。葉です。

この記事では、プラグイン「Jetpack」を使って、XMLサイトマップを作成し、サーチコンソールで送信する方法を解説していきます。

1.XMLサイトマップとは?

HTMLサイトマップがユーザー向けであるのに対し、XMLサイトマップは、「検索エンジンのクローラー向け」サイトマップです。

なので、XMLサイトマップを作成したからと言って、私達人間が視覚的に変化を感じることはありません。

しかし、Googleのクローラーにとっては違います。XMLサイトマップを送信することで、Googleクローラーは、サイト情報をより正しく認識することができます。これにより、ページのクロール漏れが減ります。

なので、Googleに正しくサイトを認識してもらうために、XMLサイトマップを送信しておきましょう。

XMLサイトマップを送信することのメリット

プラグイン「Jetpack」では、記事を更新するたびにXMLサイトマップを自動生成しGoogleに通知してくれるので、

  • Googleに最新情報を素早く通知できる。
  • クロール漏れが少なくなる。

といったメリットが有ります。これにより、

  • ページ更新時のインデックス速度向上。
  • 検索エンジンへのインデックス漏れの減少。

といった効果が見込めます。

特に下記条件に当てはまる場合は、「JetpackのXMLサイトマップ機能」を導入することをおすすめします。

・サイトのサイズが非常に大きい。

・サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。

・サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。

・サイトでリッチメディア コンテンツを使用している、サイトが Google ニュースに表示されている、または他のサイトマップ対応アノテーションを使用している。

参考:サイトマップについて – Search Console ヘルプ

2.JetpackでXMLサイトマップを作成

次に、Jetpackを使ってXMLサイトマップを作成する手順を解説していききます。

ステップ1:Jetpackをインストール・有効化

まずは、プラグイン「jetpack」をインストールしていきましょう。

WordPress管理画面の左メニューより「プラグイン→新規追加」をクリックしてください。

Jetpackのインストール1

プラグインの検索窓に「jetpack」と入力してください。

すると、WordPressがプラグイン「jetpack」を検索してくれます。検索が終わったら、「jetpack」の「今すぐインストール」をクリックしてください。

Jetpackのインストール2

「有効化」をクリックしてください。

Jetpackのインストール3

次にWordPress管理画面の左メニューより「jetpack」をクリックしてください。

ここで、「WordPress.com」のアカウントを持っていなければ、「アカウントをお持ちでない場合、無料で作成しましょう…」をクリックして、アカウントを作成してください。

Jetpackのインストール5

アカウントを既に持っているのであれば、「Jetpackと連携」をクリックしてください。

Jetpackのインストール6

次に、あなたの「WordPress.comアカウント」にログインしてください。

Jetpackのインストール7

その後、「Approve」をクリックしてください。

Jetpackのインストール8

「Your site is now connected!」と表示されたらWordPressとjetpackの連携は完了です。

Jetpackのインストール9

ステップ2:XMLサイトマップを作成

Jetpackのインストールが終わったら、XMLサイトマップを作成していきます。

WordPress管理画面の左メニューより「Jetpack→設定」をクリックしてください。

XMLサイトマップを作成する手順1

「Engagement」をクリックしてください。

XMLサイトマップを作成する手順2

下にスクロールして「サイトマップ」をクリックしてください。

XMLサイトマップを作成する手順3

サイトマップのタブを開いてください。

XMLサイトマップを作成する手順4

開いたタブに「サイトマップ」という項目があります。これが、Jetpackによって作成されたXMLサイトマップです。

XMLサイトマップを作成する手順5

これで、XMLサイトマップが作成されました。

3.サーチコンソールでXMLサイトマップを送信

ですが、XMLサイトマップは作成しただけでは意味がありません。XMLサイトマップをGoogleに通知する必要があります。

そうすることで、Googleのクローラーがスムーズにあなたのブログをクロールすることができるようになります。

では、サーチコンソールを使ってXMLサイトマップの送信設定を行っていきます。

ステップ1:サーチコンソールへブログを登録

ブログをサーチコンソールへ登録できていない方は、次の記事でサーチコンソールへの登録作業を行ってください。

ステップ2:サーチコンソールでXMLサイトマップを送信

サーチコンソールにブログの登録が完了したら、XMLサイトマップの送信を行っていきます。

まず、「サーチコンソール」にアクセスしてください。そこで、XMLサイトマップを送信したいプロパティ(サイト)を選択します。

All In One SEO Pack-サーチコンソールでXMLサイトマップ送信1

「クロール→サイトマップ」をクリックしてください。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順3

「サイトマップの追加/テスト」をクリックしてください。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順4

「sitemap.xml」と入力し、「送信」をクリックししてください。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順5

「ページを更新する。」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順6

すると、追加したサイトマップが表示されています。「保留」と表示された場合は、時間をおいて再度確認してください。しばらくすると「保留」の文字が消えているはずです。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順7

以上で、サーチコンソールによるXMLサイトマップの送信設定は完了です。

4.まとめ

この記事では、プラグイン「Jetpack」を使ってXMLサイトマップを作成し、サーチコンソールを使ってGoogleに送信する方法について解説しました。

この設定は、1度だけ行えば後は、放置でも問題ありません。大変だとは思いますが、初めのうちに設定してしまいましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします