自動OGP設定を無効化

どうも。葉です。

たんさんの機能がてんこ盛りになっている
WordPressの定番プラグイン『Jetpack』には、
SNSとの連携を強める【パブリサイズ】【共有】という機能があり
OGPも自動的に設定されるのでとても便利です。

ただ、個別でOGP設定をしている場合には、
Jetpackと個別設定のそれぞれで
2重にOGP設定を行ってしまいます。

これは、ソースコード上良くありませんし、
また、SNS上での表示も意図したものではなくなってしまう可能性があります。

そこで、この記事では、Jetpackが自動で行うOGP設定を
無効化する方法を解説していきます。

1.OGPとは?メリットも紹介

OGPとは

まず、OGPとは、そもそも何なのかをお話します。

OGPというのは、Open Graph Protocolの略称で
FacebookやTwitter、Google+などのウォールやニュースフィード
『投稿したページがどんなページなのかをわかりやすく表示する仕様』です。

OGPを設定するメリットとしては、

  • 見栄えが良くなる
  • シェアされる確率が上がる
  • 投稿をクリックしてくれる確率が上がる

と言った点が挙げられます。

2.Jetpackの自動OGP設定の問題点!カスタマイズ性が低い

ただ、今回問題となるのは、
Jetpackの【パブリサイズ共有、共有】を有効化した際に、
自動的にOGP設定が行われてしまうことです。

もちろん、Jetpackが自動で生成してくれるOGP設定に満足しているのであれば、
JetpackのOGPを採用し、他のOGP設定を無効化すれば問題ありません。

ただ、Jetpackによる自動OGP設定には、カスタマイズ性が低いという問題点があり、

  • 投稿のディスクリプションの変更
  • 画像サイズの変更
  • 表示する画像の選択

といったことを直感的にカスタマイズすることができません。
こういった理由から、Jetpackの自動OGP設定は、あまり評判がよくありません。

なので、OGP設定を自分で設定したい人は、
Jetpackの自動OGP設定を無効化したほうが良いのです。

3.OGP設定を無効化する2つの方法

ここからは、JetpackのOGP設定を無効化する2つの方法を紹介します。

  • 方法1:『パブリサイズ』『共有』を無効化する
  • 方法2:『パブリサイズ』『共有』は有効のままfunction.phpを編集する

方法1.『パブリサイズ』『共有』を無効化する

1つ目の方法は、Jetpackの【パブリサイズ、共有】の両方を無効化することです。

OGPの自動設定は、【パブリサイズ】または【共有】機能を有効化することで
起こる現象なので、これらの機能が不要なのであれば、
オフにしてしまえばそれで解決です。

手順解説を行いますね。
WordPress管理画面より、【Jetpack→設定】の順でクリックします。

jetpack→設定

次に、パブリサイズ、共有の【停止】をクリックします。

パブリサイズ停止

共有停止

これで、設定完了です。

Jetpackのパブリサイズ、共有機能を使わなくても良い人は、
この設定にしておきましょう!

方法2.『パブリサイズ』『共有』は有効のままfunction.phpを編集する!

方法2は、Jetpackの【パブリサイズ、共有】をオンにしたまま、
OGP設定のみを無効化したい場合に使用します。

やり方はJetpackの公式ページに記載されていました。

次のコードをfunction.phpに記述すればオッケーです!

add_filter( ‘jetpack_enable_open_graph’, ‘__return_false’ );

なお、この方法でも自動的にOGP設定をしてしまう場合には、
こちらのコードをfunction.phpに記述してください。

remove_action( ‘wp_head’, ‘jetpack_og_tags’ );

参照:WordPress › Support » [Plugin: Jetpack] Can’t disable opengraph

以上で、Jetpackの自動OGP設定をオフにする方法の解説は終わります。

なお、function.phpを直接編集したくない!
という人は、プラグイン【Code Snippets】を使ってみてください。

4.まとめ

今回は、プラグインJetpackの【パブリサイズ】【共有】を有効化した際に、
自動的にOGP設定されてしまうのを、無効化する2つの方法を紹介しました。

【パブリサイズ】【共有】を使わないのであれば、オフにしてしまうのが一番簡単です。

ただ、SNS上でシェアされた際に、少しでも
正しい情報を認識してもらいたいのであれば、
自分自身でOGP設定を行うことをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします