• このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsの設定方法

どうも。葉です。

この記事では、WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法を解説していきます。

「Google XML Sitemaps」導入の目的は、「サイトを正しく認識してもらうために、XMLサイトマップをGoogleに送信すること」です。

「Google XML Sitemaps」の設定に必要な以下の前提手順である

  • Googleアカウントの作成
  • サーチコンソールへのブログ登録
  • サーチコンソールでXMLサイトマップ送信

も含めた全工程をまとめたので丁寧に読み進めてくださいね。

こちらが記事の目次になります。

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違い

プラグイン「Google XML Sitemaps」の使い方を話す前に、サイトマップとは一体何なのかを理解しましょう。

サイトマップには

  • HTMLサイトマップ:サイト内の記事をリスト化したページ
  • XMLサイトマップ:サイト内にどのようなページがあるのかをまとめたもの

の2種類が存在します。

本記事で紹介するプラグイン「Google XML Sitemaps」で作成するのは、XMLサイトマップですが、2つの違いをしっかりと理解してもらうために、両方のサイトマップについて解説しておきます。

HTML(ユーザー向け)サイトマップとは?

HTMLサイトマップは、「サイトの訪問ユーザー向け」サイトマップです。

HTMLサイトマップを設置することで、ユーザーが目的の記事を見つけやすくなります。

まだHTMLサイトマップを作っていない方は、「プラグインPS Auto Sitemap」を使って作成することをおすすめします。

実際に、「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作成すると次のようになります。

PS auto sitemapsで作成したHTMLサイトマップ

なお、HTMLサイトマップを作成することで、Googleのクローラーもリンクをたどりやすくなります。なので、SEO的に見てもHTMLサイトマップは作成しておいたほうがよいのです。

参考:プラグインPS Auto Sitemap

XML(クローラー向け)サイトマップとは?

HTMLサイトマップがユーザー向けであるのに対し、XMLサイトマップは、「検索エンジンのクローラー向け」サイトマップです。

なので、XMLサイトマップを作成したからと言って、私達人間が視覚的に変化を感じることはありません。

しかし、Googleのクローラーにとっては違います。XMLサイトマップを送信することで、Googleクローラーは、サイト情報をより正しく認識することができます。これにより、ページのクロール漏れが減ります。

なので、サイトをGoogleに正しく認識してもらうために、XMLサイトマップを送信しておいたほうが無難でしょう。

Google XML Sitemaps導入のメリット

プラグイン「Google XML sitemaps」では、記事を更新するたびにXMLサイトマップを自動生成しGoogleに通知してくれるので、

  • 常に最新情報を素早くGoogleに知らせることができる。
  • クロール漏れが少なくなる。

といったメリットが有ります。これにより、

  • ページ更新時のインデックス速度向上。
  • 検索エンジンへのインデックス漏れの減少。

といった効果が見込めます。

特に下記条件に当てはまる場合は、Google XML Sitemapsを導入することをおすすめします。

・サイトのサイズが非常に大きい。

・サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。

・サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。

・サイトでリッチメディア コンテンツを使用している、サイトが Google ニュースに表示されている、または他のサイトマップ対応アノテーションを使用している。

参考:サイトマップについて – Search Console ヘルプ

Google XML Sitemaps(+サーチコンソール)の設定の全手順

では、実際にGoogle XML Sitemapsの設置手順を解説していきます。少し面倒ではありますが、始めに1度設定してしまえば後は、いじる必要はないのでここで終わらせてしまいましょう。

設定の手順としては、

  1. サーチコンソールへのサイト登録
  2. 「Google XML Sitemaps」のインストール
  3. サーチコンソールでXML Sitemapsを送信
  4. 「Google XML Sitemaps」の設定

になります。

下準備:サーチコンソールへのサイト登録が完了していない方へ

「Google XML Sitemaps」で作成したXMLサイトマップをGoogleに送信するには、Googleが提供するサーチコンソールというツールを使用する必要があります。

Google Search Consoleを使用するには

  • Googleアカウントの作成
  • Search Consoleへあなたのサイト/ブログを追加

が完了している必要があります。

上の手順がまだできていない方は、プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールする前に、こちらの記事を参考にサーチコンソールにサイト/ブログを追加してください。

Google Search Consoleの登録・設置方法【WordPress-基礎】

「Google XML Sitemaps」のインストール

ここからは、実際にプラグイン「Google XML Sitemaps」のインストール手順を紹介していきます。

WordPress管理画面の左メニューより「プラグイン→新規追加」をクリックします。

プラグインGoogle XML sitemapsのインストール手順1

プラグインの検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力しキーボードのエンターボタンを押します。

プラグインGoogle XML sitemapsのインストール手順2

「Google XML Sitemaps」の今すぐインストールをクリックします。

プラグインGoogle XML sitemapsのインストール手順3

「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグインGoogle XML sitemapsのインストール手順4

移動で、WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」のインストール・有効化は完了です。

プラグインGoogle XML sitemapsのインストール手順5

サーチコンソールでXML Sitemapsを送信

  • サーチコンソールへサイト/ブログの登録
  • プラグイン「Google XML Sitemaps」のインストール

が完了したら、次は

  • 「Google XML Sitemaps」でXMLサイトマップ作成
  • 作成したXMLサイトマップをサーチコンソールを使ってGoogleに送信する手順

を解説していきます。次の通りに作業を行ってください。

WordPress管理画面の左メニューより「設定→XML-Sitemap」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順1

すると、XML-Sitemapの設定画面に移動します。そこで、あなたのサイトマップのインデックスファイルのURLに「http://〇〇/sitemap.xml」と記述されているはずです。トップドメインの後ろにある「sitemap.xml」をコピーします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順2

次にサーチコンソールにアクセスしログインしてください。

※なお、サーチコンソールにログインできない場合は、「Google Search Consoleの登録・設置方法【WordPress-基礎】」よりグーグルアカウントの作成、サーチコンソールに運営サイトの追加を行ってください。

サーチコンソールにログインしたら左サイドバーの「クロール→サイトマップ」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順3

「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順4

先ほどコピーした「sitemap.xml」を貼り付けて「送信」をクリックします。
※プラグインによって貼り付けるのは「sitemap.xml」でない場合もあります。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順5

「ページを更新する。」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順6

次のような画面が表示されればXMLサイトマップの送信が行われるようになっています。

「送信」「インデックスに変更済み」のところに保留と表示される事がありますが、しばらくすれば消えるので安心してください。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順7

「Google XML Sitemaps」の設定

最後に「Google XML Sitemaps」の設定方法について解説していきます。

ただし、「Google XML Sitemaps」の設定は、デフォルトのままでも特に問題はありません。より細かい設定がしたい方のみ実践してください。

設定項目は次の7つです。

  • 基本的な設定
  • 追加ページの設定
  • 投稿の優先順位
  • Sitemapコンテンツ
  • 含めない項目
  • 更新頻度の設定 (changefreq)
  • 優先順位の設定 (priority)

それぞれの項目について解説していきます。

基本的な設定

ここは、サイトの更新情報を検索エンジンへ通知するかしないかの設定ができます。
いじらずに、デフォルトのままにしておきましょう。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順1

  • Googleにブログの更新を通知
  • Bing(旧名MSN Liveサーチ)にブログの更新を通知

にチェックが入っていると、ブログを更新するたびに更新情報を検索エンジンへ通知してくれます。これにより、インデックス速度の向上などが見込めます。

  • サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加

にチェックが入っていると、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができます。

高度な設定に関しては、設定は不要です。

追加ページの設定

ここでは、WordPressブログのURL以外でサイトマップに含めるURLを手動で指定できます。基本的には、ここも設定は不要です。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順2

※WordPressブログをサブディレクトリに設置している場合などは、ルートディレクトリをここでサイトマップに追加することがあります。

例.

例えばドメインが www.foo.com でブログの URL が www.foo.com/blog の場合、www.foo.com を指定してサイトマップに含めることが可能です。

投稿の優先順位

ここでは、「各記事がサイト内でどれくらい重要なのか?」の優先順位の決め方を選択できます。

「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れてください。これにより、あなたの任意で投稿の優先順位を決められます。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順3

他の2つを選択すると、記事へのコメント数を元に投稿の優先順位が決定されます。

Sitemapコンテンツ

ここでは、XMLサイトマップに載せるコンテンツを指定できます。下図のようにチェックを入れてください。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順4

上でチェックを入れたのは、検索エンジンにクロールして欲しいコンテンツです。検索エンジンにインデックスさせたい項目にはチェックを入れておきましょう。

なお、固定ページに関しては、サイト状況に合わせてチェックを入れる、入れないを選択してください。

例えば、固定ページが「お問い合わせフォーム」のようなコンテンツとしての価値が低いもののみの場合は、チェックを入れておきましょう。

「最終更新時刻を含める。」にもチェックを入れておきましょう。Googleは更新日時が新しいページを評価する傾向にあります。

含めない項目

こちらでは、サイトマップに含めないカテゴリーを指定することができます。こちらも特に変更する必要はありません。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順5

  • 含めないカテゴリー

XMLサイトマップから外したいカテゴリーがある場合はチェックを入れてください。基本的にはチェックは不要です。

  • 投稿(関連記事)を含めない

「投稿(関連記事)を含めない」では、記事個別のIDを入力することで、特定の記事をXMLサイトマップから外すことができます。価値の低い投稿や固定ページのIDを入力しましょう。例えば、お問い合わせページなど。

IDの取得法

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順5-1

投稿や固定ページのID取得方法を解説しておきます。

WordPressの管理画面で、サイドバーの投稿または、固定ページをクリックしてください。除外したいコンテンツが投稿なら、投稿。固定ページなら、固定ページをクリック。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順5-2

表示されたコンテンツ一覧の中で除外したいコンテンツの上にマウスを乗せると、左下に投稿または固定ページのIDが表示されます。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順5-3

このIDを「投稿(関連記事)を含めない」の項目に入力すれば任意の投稿または固定ページをXMLサイトマップから除外することができます。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順5-4

更新頻度の設定 (changefreq)

ここでは、ページの更新頻度の予測をGoogleに知らせることができます。

あなたのサイトの更新頻度に合わせて設定しましょう。あくまでも参考なので、おおよその設定で問題ありません。参考までに私の設定を載せておきます。よくわからにという方は真似してください。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順6

この設定を真似してもいいですし、ご自身のブログに合わせて更新頻度を設定しても問題ありません。どのように設定したとしてもSEOへの影響は小さいはずです。

不具合への対策
上の設定では「タグページ」の更新頻度を「カテゴリー別」と同じ「毎週」に設定しています。これは、「『タグページ』の設定を行わないと『カテゴリー別』の更新頻度の設定が反省されない。」という不具合が起こるからです。

優先順位の設定 (priority)

ここでは、あなたのサイトにとって重要なコンテンツの優先順位を設定できます。こちらも、あくまでの参考なので、おおよその設定で問題ありません。

参考までに私の設定を載せておきます。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順7

この設定を真似してもいいですし、ご自身のブログに合わせて更新頻度を設定しても問題ありません。どのように設定したとしてもSEOへの影響は小さいはずです。

不具合への対策
上の設定では「タグページ」の優先順位を「カテゴリー別」と同じ「0.5」に設定しています。これは、「『タグページ』の設定を行わないと『カテゴリー別』の優先順位の設定が反映されない。」という不具合が起こるからです。

すべての設定が終わったら「設定を更新」をクリックしてください。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定手順8

これで、プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定は完了です。

まとめ

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定に関してはもちろんのこと、XMLサイトマップに関わる全体的な手順を解説しました。

  • グーグルアカウントの作成
  • サーチコンソールへのサイト/ブログ登録
  • サーチコンソールでXML Sitemapsを送信
  • 「Google XML Sitemaps」のインストール
  • 「Google XML Sitemaps」の設定

ここまで来るのに結構な時間がかかったのではないでしょうか?お疲れ様です。しかし、この作業は一度行ってしまえば後は放置で問題ありません。

コンテンツ作成に集中するために、面倒な設定作業ははじめに全部終わらせてしまいましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

プラグイン