• このエントリーをはてなブックマークに追加

Jetpack×Google+の共有範囲

どうも。葉です。

Jetpackのパブリサイズ共有設定で、
Google+に自動投稿を設定して、
これで一安心。としているあなた。

ここで満足していると、思わぬしっぺ返しをくらっていまいますよ。

この記事は、
Jetpackを使ってWordPress記事を
Google+に自動共有した際の問題点と解決策

解説していきます。

問題点は、Google+の共有範囲が『自分とだけ共有』

まずは、問題点を確認するために、
JetpackでGoogle+の自動共有した際の画面を見てみましょう。

Google+共有範囲

共有範囲が『自分とだけ共有』になっているのがわかりますね。

つまり、この状態では、記事を自動共有しても、
見ることができるのは、自分自身だけなのです。

このままでは、記事を共有する意味がないので
Google+の共有範囲を『一般公開』に変えましょう。

WordPress関連の公開範囲を『一般公開』に設定する

では実際に、公開範囲の設定を変更していきます。

まずは、Google+より、『設定』をクリックします。

Google+→設定

全般の『管理』をクリックします。

Google+の設定

他のアプリとアクティビティの管理の『アプリと投稿への+1を管理』をクリックします。

Google+の設定2

『編集』をクリックします。

Google+の設定3

『自分だけ』をクリックします。

共有範囲を変更

公開対象に『一般公開』を選んで『保存』をクリックします。

Google+の設定4

公開対象が『一般公開』になっていることを確認します。

Google+の設定5

これで、設定は完了です。

WordPress記事を投稿してGoogle+の公開範囲を確認する

この状態で、新たにWordPress記事を投稿すると、
Google+の自動共有も次のように『一般公開』になっていることが確認できます。

Google+の公開範囲

これで、JetpackでWordPress記事を自動共有した際の
共有範囲を変更する方法の解説を終わります。

この作業をしなければ、JetpackでGoogle+のパブリサイズ共有をした意味がなくなってしまうので
絶対にやっておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SNS プラグイン