• このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookパブリサイズ共有に記事本文

どうも。葉です。

WordPressの記事をFacebookやTwitterなどのSNSに自動投稿するには、
プラグインJetpackの【パブリサイズ共有】がとても便利です。

ただ、このパブリサイズ共有には、
Facebookへの自動投稿の冒頭に
とんでもない文字数の記事本文が表示されてしまう

とう問題点があります。

Facebookへの自動投稿は、こんな感じです。笑

Facebook自動投稿

こんなの気にしないよ!
と言ってしまえばそれまでなのですが、
やはり気になります。

それに、これだけ、文字がびっしり入っていると、
Facebook投稿を見た人にも不快感を与えるので、
投稿を読み飛ばされてしまいます。

このままでは、Facebookからのアクセス収集に問題が生じてしまうので
Facebook自動投稿に表示される記事本文を
表示させないための対策を行っていきましょう!

1.Facebook自動投稿に
記事本文が表示されてしまった時の5つの対策方法

僕が紹介する対策は、以下の5つです。
この中で、あなたにあった対策を行ってみてくださいね。

  1. 手動でFacebookに投稿する
  2. 手動でFacebook投稿を編集する
  3. カスタムメッセージを使用する(おすすめ)
  4. Twitter経由でFacebookに自動投稿する
  5. IFTTTを使ってWordPressとFacebookを連携する

方法1.1記事ごとに手動でFacebookに投稿する

1つ目の対策は、Jetpackのパブリックサイズ共有で
WordPressとFacebookの連携を切って、
手動でFacebookに投稿する方法です。

そもそも、Facebookに記事を投稿するのは、
記事のURLをコピーして、
Facebookに貼り付けるだけなので、
そこまで大きな労力は必要ありません。

また、アイキャッチ画像がどのように表示されるのかを
投稿前に確認できるので、
アイキャッチ画像を綺麗に見せたい人は、
この方法をおすすめします。

ここに、投稿したいURLを貼り付けると

Facebookに手動投稿

次のように、投稿前に、Facebook上でどのような表示になるのかをチェックできます。

Facebookに手動投稿2

方法2.パブリサイズ共有による自動投稿を手動で編集する

2つ目の対策もちょっと原始的です。

それは、Jetpackのパブリサイズ共有で自動投稿された内容を
手動で編集する方法です。

手順を説明していきます。
まず、パブリサイズ共有により自動投稿された投稿の『記事を編集』をクリックします。

Facebook投稿の編集

投稿に記載されている記事本文を削除して、
『編集を終了』をクリックします。

※削除しないで、記事内容をざっくりと解説するのもいいですね(^^)

Facebook投稿の編集2

すると、次のようにすっきりとした投稿に変わります。

Facebook投稿の編集3

この作業もそれほど大変ではないので、
記事を投稿するたびに編集するのもありですよ。

方法3.パブリサイズ共有でカスタムメッセージを使用する(おすすめ)

3つ目の方法は、WordPressで記事を投稿する前に、
カスタムメッセージを設定する方法です。

記事を作成して投稿する前に、
WordPress記事投稿画面の右側にある
『詳細を編集』をクリックします。

カスタムメッセージ編集

次に、パブリサイズ共有のFacebookにチェックが入っているのを確認後、
カスタムメッセージに任意の文章を入力します。
最後に、『公開』をクリックします。

カスタムメッセージ編集2

この状態で、パブリサイズ共有による
Facebookへの自動投稿を確認してみると
投稿内に入力されている文字が
カスタムメッセージに入力した文字と
同じになっているはずです。

カスタムメッセージ編集3

方法4.Twitter経由でFacebookに自動投稿する

Twitter経由でFacebook投稿

4つ目に紹介する方法は、
Facebookへの自動投稿をTwitterを経由して行う方法です。
やることは、TwitterとFacebookを連携させるだけなので
以下の手順に従っていただければあっという間に設定が完了しますよ。

では、手順を紹介していきます。
まずは、『Twitter』にアクセスします。

次に、『設定』をクリックします。

TwitterとFacebookの連携手順1

『アプリ連携』をクリックします。

TwitterとFacebookの連携手順2

『Facebookと連携する』をクリックします。

TwitterとFacebookの連携手順3

『OK』をクリックします。

TwitterとFacebookの連携手順4

シェアの範囲を『公開』に設定し『OK』をクリックします。

TwitterとFacebookの連携手順5

『許可』をクリックします。

TwitterとFacebookの連携手順6

『OK』をクリックします。

TwitterとFacebookの連携手順7

『(ページの選択)』をクリックし、
連携させたいFacebookページを選択します。

TwitterとFacebookの連携手順8

これで、TwitterとFacebookの連携は完了です。

最後に、リツイートやプロフィール投稿の設定をしましょう。

また、FacebookとTwitterの連携の解除したければ、
『接続を解除する』をクリックしてください。

TwitterとFacebookの連携手順9

実際に記事を投稿すると、Facebookに次のように投稿が表示されることが
確認できました。

Twitter経由の自動投稿

 

※この方法で、Facebookに自動投稿を行う場合は、
パブリサイズ共有による、WordPressとFacebookの連携を解除してください。
そうしないと、Facebookへの自動投稿が2重になってしまいます。

注意!TwitterのすべてのつぶやきがFacebookに投稿される!

ただ、この方法の問題点としては、
Twitter上のつぶやきすべてがFacebookに投稿されてしまう点です。

つぶやきを自動化していたり、1日で頻繁につぶやく人は、
連携した際に問題があるかどうか?
をよく考えましょうね!

方法5.IFTTTを使ってWordPressとFacebookを連携する

最後に紹介するのは、IFTTTを使ってWordPressとFacebookを連携させる方法です。

IFTTT」とは「If This Then That」の略で、日本語訳すると、
「これしたらあれする」みたいな意味です。
IFTTTを使うことで任意のアプリを連携させることができます。

では早速、IFTTTを使ってWordPressとFacebookを連携させていきましょう!

方法5-1.IFTTTのアカウント作成

まずは、IFTTTの公式サイトにて、ユーザー登録を行います。
Eメールアドレス、パスワードを入力し、『Create account』をクリックします。

IFTTT登録

これで、IFTTTのアカウント作成は完了です。

次に、WordPressとFacebookの連携を行っていきます。
右の上のユーザー名より『Create』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携1

方法5-2.「これ」したら「あれ」するのこれを設定(トリガー設定)

『this』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携2

一番下までスクロールして『WordPress』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携3

『Connect』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携4

ブログURL、ユーザーネーム、パスワードを入力し『Connect』をクリックします。

※WordPressアカウントを持っていない人は、先に作成しましょう!
WordPress.com:無料のサイトやブログを作成

IFTTTでWordPressとFacebookを連携5

『Done』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携6

『Continue to next step』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携7

『Any new post』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携8

『Create Trigger』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携9

「これしたらあれする」のこれの部分は、設定完了です。
この状態で、「WordPressで新しい記事を投稿したらあれする」状態になっています。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携10

方法5-3.「これ」したら「あれ」するのあれを設定

ここまできたら、「これしたらあれする」のあれを設定していきます。
まずは、『that』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携11

下にスクロールして、『Facebook Pages』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携12

連携させたいページを選択して『Connect』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携13

Facebookに『ログイン』します。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携14

Facebookページを選択し『Update』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携15

『Done』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携16

『Continue to the nest step』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携17

『Create a link post』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携18

Messageを『PostTitle』を選択し『Add Ingredient』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携19

『Create Action』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携20

『Create Recipe』をクリックします。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携21

レシピ完成

これでレシピ完成です。
出来上がったレシピは、『WordPressで記事を更新したら、Facebookにリンクを投稿する』です。

実際にWordPress記事を投稿してみてください。
IFTTTによって、Facebookに記事更新が自動投稿されているはずです。

ただ、IFTTTすぐに自動投稿をシてくれるわけではありません。
今すぐにでも投稿させたい!という方は、『Check now』をクリックしてくださいね。

IFTTTでWordPressとFacebookを連携22

実際にIFTTTを使ったFacebookへの自動投稿は、次のようになっていました。

IFTTTを使った自動投稿

※この方法で、Facebookに自動投稿を行う場合は、
パブリサイズ共有による、WordPressとFacebookの連携を解除してください。
そうしないと、Facebookへの自動投稿が2重になってしまいます。

まとめ

今回は、WordPressプラグイン『Jetpack』のパブリサイズ共有で
FacebookとWordPressを連携した際に
投稿に記事本文が表示されてしまう問題点を解決する
5つの方法を紹介しました。

手軽でおすすめなのは、方法3の『カスタムメッセージ』を使う方法ですが、
Windowsライブライターなどのブログツールを使っている人にとっては、
この方法も面倒です。というか、僕自身が面倒でした。笑

なので、ブログツール等を使っている人は、
方法4の『Twitterを経由する方法』や、
方法5の『IFTTTによりWordPressとFacebookを連携する方法』
を試してみてください。

特に、方法5の『IFTTTによりWordPressとFacebookを連携する方法』では、
Facebook、WordPress以外にもさまざまなサービスを簡単に関連づけることができるので、
おすすめですよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SNS プラグイン