Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに自動記録する方法

どうも。葉です。

タスク管理ソフトとして、Todoistは、かなり優秀で、無料でも十分な機能を発揮してくれますよね。

ですが、もし、Todoistの完了タスクを「いつ?」「どのようなタスクをこなしたのか?」を記録することができたら、さらに便利だと思いませんか?

実は、Todoistの完了タスクをGoogle Calendar上に自動記録する方法があるのです。この記事では、その具体的方法を紹介していきます。

タスクを完了したらすぐに、Google Calendar上に完了タスクが記録されるので、過去の行動を振り返る際にかなり便利ですよ。

1.Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに自動追加

では、実際にTodoistの完了タスクをGoogle Calendarに自動追加していく方法を解説していきます。

1-1.Todoistアカウント・Googleアカウント・IFTTTアカウントの作成

「Todoist」の完了タスクを記録するには、「Google Calendar」と「IFTTT」というサービスを利用する必要があります。

まだアカウントを持っていない方は、はじめに以下よりアカウント作成を行ってください。

Todoistアカウント作成

Googleアカウント作成

IFTTTアカウント作成

IFTTTとは?

ちなみに、「IFTTT」とは、「if this then that」の頭文字をつなぎ合わせたもので、日本語に約すと、「『this』ならば『that』する」という意味になります。

このIFTTT内で、「『this=Todoistでタスクを完了』しなたらば『that=Google Calendarに記録する』」というアプリを作成することで、Todoistで作成したタスクをGoogle Calendarに記録できるようになります。

1-2.Google CalendarとIFTTTを連携

アカウントの作成が完了したら、次は、各サービスの連携を行っていきます。まずは、「Google Calendar」と「IFTTT」の連携を行います。

「IFTTT」にログインしてください。

Sign in to your IFTTT account – IFTTT

IFTTTにログイン

次に、「Search」をクリックしてください。

すると、Search窓が表示されるので、そこに「Google Calendar」と入力し、「Google Calendarアイコン」をクリックしてください。

Google CalendarとIFTTTを連携1

「Connect」をクリックしてください。

Google CalendarとIFTTTを連携3

「IFTTT」が「Google Calendar」の情報にアクセスすることを許可してください。

Google CalendarとIFTTTを連携4

これで、「Google Calendar」と「IFTTT」の連携は完了しました。

1-3.TodoistとIFTTTを連携

次に、「Todoist」と「IFTTT」の連携を行っていきます。

「Search」をクリックしてください。

表示されたSearch窓に「Todoist」を入力し、「Todoistアイコン」をクリックしてください。

TodoistとIFTTTを連携1

「Connect」をクリックしてください。

IFTTTとTodoistを連携2

「Agree」をクリックしてください。

IFTTTとTodoistを連携3

これで、「Todoist」と「IFTTT」の連携は完了です。

1-4.Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成

では、ここからは、「IFTTT」を使って「Todoist」の完了タスクを「Google Calendar」に記録するアプリを作成する手順を紹介していきます。

まず、「New Applet」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成1

すると、次の画面が表示されます。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成2

この「if this then that」を日本語訳すると「もし『this』ならば『that』する」となります。

この「this」と「that」にそれぞれ

  • this=Todoistのタスクを完了
  • that=完了タスクをGoogle Calendarに記録

とすると、「もし『Todoistのタスクを完了』したら『完了タスクをGoogle Calendarに記録』する」というアプリが作成されます。

そこで、「this」と「that」のそれぞれを設定していきます。

「this=Todoistのタスクを完了」に設定

まずは、「this=Todoistのタスクを完了」に設定していきます。

「this」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成3

Search services窓に「Todoist」を入力し、表示された「Todoistアイコン」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成4

「New completed task」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成5

「Any Project」を選択し「Create trigger」をクリックしてください。

※Project to watchは、「Google Calendar」に記録する「Todoist」のプロジェクトを選択できます。

プロジェクトとは、例えば、「個人」「仕事」「買い物」などです。すべてのプロジェクトのタスクしたい場合は、「Any Project」を選択してください。また、よくわからない人も「Any Project」を選択してください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成6

これで、「this=Todoistのタスクを完了」に設定できました。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成7

「that=完了タスクをGoogle Calendarに記録」に設定

次に、「that=完了タスクをGoogle Calendarに記録」に設定していきます。

「that」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成8

Search services窓に「Google Calendar」と入力し、表示された「Google Calendarアイコン」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成9

「Quick add event」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成10

次に、「Quick add text」を次のものに変更し、「Create action」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成11

「Finish」をクリックしてください。

Todoistの完了タスクをGoogle Calendarに記録するアプリを作成12

これで、「that=完了タスクをGoogle Calendarに記録」に設定できました。

これで、、「もし『Todoistのタスクを完了』したら『完了タスクをGoogle Calendarに記録』する」というアプリが作成ました。

2.Todoistのタスクを完了してGoogle Calendarに記録されるか確認

ここまでの設定で、「Todoist」の完了タスクを「Google Calendar」に自動記録するように設定することができました。

あとは、「Todoist」でタスクを作成し、実際に完了させてみるだけです。

今回は、「タスク1」「タスク2」「タスク3」というタスクを作り、完了させてみました。

5分程度待った後に、「Google Calendar」を見てみると、次のように完了タスクが表示されています。

Todoistのタスクを完了してGoogle Calendarに記録されるか確認

「Google Calendar」に記録しておけば、タスクを完了した日付や時間が直感的にわかるのでいいですね。

3.まとめ

この記事では、タスク管理サービス「Todoist」で完了したタスクを「Google Calendar」上に自動で記録する方法を解説しました。

「Todoist」の完了タスクを記録する方法としては、以前に、次の2つの方法を紹介していきました。

Todoistの完了タスクをGoogleスプレッドシートに自動記録する方法(無料)

超便利!Todoistの完了タスクをEvernoteに自動記録・表示する方法(無料)

どの方法もとても便利なのですが、個人的には、「Googleスプレッドシート」に記録するのが、表で一気にタスクを見れるので良い気がします。

ただ、僕は3つの記録方法のすべてを設定していて、「見たい時に見たいやつだけ見る。」ようにしています。