アフィリエイトにおすすめなChrome拡張機能13選

どうも。葉です。

アフィリエイトを実践するにあたって、おすすめのブラウザといえば、表示速度も早く、拡張機能も充実しているChromeです。

しかし、はじめてChromeを使う人にとっては、どんな拡張機能と使ったらいいのかわからないですよね。

そこで、この記事では、実際に僕が使ってみて、便利だと感じたChrome拡張機能をまとめて紹介していきます。

機能解説もしていくので、気に入ったものがあればぜひ導入してください。

1.導入必須のChrome拡張機能5選

マウスジェスチャー

Gestures for Google Chrome™

Chromeでジェスチャーを使用するための拡張機能です。右クリックを押しながら右方向で「進む」、右クリックを押しながら左方法で「戻る」等の操作でウェブブラウジングを快適に行えます。

一時期は、類似拡張機能「crxMouse Chrome Gestures」を使っていたのですが、閲覧履歴等のデータが抜き取られているという情報があったので、「Gestures for Google ChromeTM」に変更しました。

⇒ Gestures for Google Chrome™ – Chrome ウェブストア

アドセンス報酬確認

Google Publisher Toolbar

ブログにアドセンス広告を貼っている人には必ず入れてほしい拡張機能です。ワンクリックで、アドセンス報酬を確認することができます。さらに、Google Analyticsとの連携を行えば、訪問ユーザー数、ページビュー、直帰率、平均ページ滞在時間といったデータもワンクリックでチェックすることができます。

⇒ Google Publisher Toolbar – Chrome ウェブストア

簡単リンク作成

Create Link

ブログ内にテキストリンクを簡単に挿入できるようにするプラグインです。

クリック一つで、記事タイトルのテキストリンクを作成できます。内部リンク、外部リンクのどちらを貼るにしても便利な拡張機能です。

⇒ Create Link – Chrome ウェブストア

使い方を少し工夫すれば、サムネイル画像付きのリンクを作成することもできます。

⇒ Create linkでサムネイル画像付きリンクを2クリックで貼り付ける便利な使い方

パスワード管理

LastPass: Free Password Manager

パスワード管理を行ってくれるサービス「LastPass」の拡張機能です。パスワード付きのサイトにログインする際に、パスワードを保存できます。そして、パスワードを保存してあるサイトに再度ログインしようとした際には、自動でユーザー名とパスワードを入力してくれます。

面倒なパスワード管理はこの拡張機能1つで十分です。

⇒ LastPass: Free Password Manager – Chrome ウェブストア

Google Analyticsへの自分自身のアクセス除外

Google Analytics オプトアウト アドオン

アフィリエイトを始めると、自分で運営しているサイトやブログのアクセス解析をするようになります。

ですが、Google Analyticsには、自分自身による自サイトへのアクセス情報も、アクセス解析結果に含まれてしまうという問題点があります。

アクセス解析をする際は、自分自身のアクセスは除外したほうが正確性が増します。

拡張機能「Google Analytics オプトアウト アドオン」は、自分自身による自サイトへのアクセス情報をGoogle Analyticsに送信しないようにすることができます。

Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google) – Chrome ウェブストア

2.あったら便利なChrome拡張機能14選

タスク管理

Todoist

Chrome上から簡単にタスク管理をできるようにしてくれる拡張機能が「Todoist」です。動作が軽快で、操作もシンプルなのが気に入っている点です。スマホアプリとの連携も可能なので、外出時でもタスクチェックができて便利です。

⇒ Google Chromeで使える、ストレスフリーのスケジュールアプリ。: Todoist

時間管理

Chrome 時計

Chrome上で、アラーム、カウントダウンタイマー、カレンダー等を使える拡張機能です。

アフィリエイトでは、自分の行動の時間管理をすることがとにかく重要になってきます。

Chrome時計を使用することで、日々の作業を効率的にこなすことができますよ。

⇒ Chrome 時計 – Chrome ウェブストア

countDown

Chrome上でカウントダウンタイマーを使える拡張機能です。

シンプルで使いやすさを求めるならこちらを使用してください。

⇒ countDown – Chrome ウェブストア

メモ

Google Keep Chrome拡張機能

閲覧しているページのURLをGoogle Keepに付箋として残していくことができます。

付箋内に、メモを追加することもできるので、閲覧しているページと気になった点をセットで保存できます。ラベル付もできるので、付箋を項目別に整理することもできます。

⇒ Google Keep Chrome 拡張機能 – Chrome ウェブストア

Google Analyticsによるページ解析表示

Page Analytics (by Google)

Google Analyticsと連携して、ブログの「PV数、ユニークユーザー数、平均滞在時間、直帰率、離脱率、リアルタイムのアクセスユーザー数」などの情報を表示してくれます。設定を変更することで、表示する項目を任意で変更することもできます。

また、リンク先へのクリック率等も表示してくれるので、記事内での誘導がうまくできているかどうかの確認もできます。

⇒ Page Analytics (by Google) – Chrome ウェブストア

セキュリティ

EXIF Viewer

画像には、EXIF情報が含まれています。EXIF情報の中には、画像の作成日時、更新日時だけでなく、コンピューター名や所有者名、フォルダーパスのような個人が特定されるような情報を含まれています。なので、画像をアップする際には、EXIF情報は削除しましょう。

EXIF Viewerを導入すれば、アップした画像にEXIF情報が含まれているかどうかを画像にマウスオーバーするだけで確認できます。

⇒ EXIF Viewer – Chrome ウェブストア

ウェブページに付箋貼り付け

Note AnyWhere

ウェブページ内にメモ帳を貼り付けることができる拡張機能です。付箋のようにペタペタと貼り付けることができます。また、テキストだけでなく、画像やURL等も貼り付けることができます。

付箋を貼り付けてあるURLも一覧で確認することができます。

かなり便利なのでぜひ使ってください。

⇒ Note Anywhere – Chrome ウェブストア

Feedlyでフォロー

feedly Mini

ウェブフォローサービスFeedlyの拡張機能です。Feedlyログインページ内で、気になるブログの更新情報などを通知してくれます。

通常Feedlyでフォローするには、ブログ側にFeedlyボタンが設置されている必要がありますが、「feedly Mini」を導入していれば、どんなブログであっても右下にフォローボタンがでてくるので、フォローすることができます。

これで、気になるブログ発信者の更新情報を見逃すことはありません。

⇒ feedly Mini – Chrome ウェブストア

nofollowタグを視覚化

NoFollow eyes

拡張機能「NoFollow eyes」を導入することで、nofollowタグが付加されているリンクが赤い点線で囲まれて、nofollowタグが付加されていることが視覚的にわかるようになります。

nofollowタグは、リンク先にSEO効果を与えない目的で使用することが多いです。ですが、道徳的に考えて、参考にさせていただいたサイトにnofollowタグを付けるのは失礼なので、なるべつつけるようにしましょう。

しかし、逆にリンク先のサイトの質があまりにも低い場合は、nofollowタグつけるようにしましょう。

⇒ Nofollow eyes – Chrome ウェブストア

ライバルサイト分析

Similar Web※注意

「Similar Web」とは、競合サイトの分析ができるツールです。具体的には、

  • そのサイトがよく検索キーワード
  • リファラー
  • ソーシャルからの検索流入
  • ひと月あたりのPV数
  • サイト滞在時間

などを分析することができます。正確性に欠く部分もありますが、よく検索されるキーワードなどは、自分のサイトのキーワード選定などにも活用できます。

無料で使えるのでぜひ導入してください。

⇒ SimilarWeb – Site Traffic Sources and Ranking – Chrome ウェブストア

※この拡張機能を使用すると、ネット上での動きをトラッキングされているかもしれないので、ネット上での行動を監視されたくないという人は、入れないほうが無難だと思います。その場合は、分析したいサイトのURLを「SimilarWeb」に直接入力しましょう。

⇒ SimilarWeb – Digital Market Intelligence & Website Traffic

ページ解析

AdMatrix Analytics

閲覧しているサイトの分析を行いたい場合に役立つ拡張機能です。

  • テキスト量
  • 特定のテキストの出現率
  • タイトルタグ、ディスクリプションタグ、Hタグ
  • 外部リンク、被リンク
  • etc

などを調査できます。

⇒ AdMatrix Analytics – Chrome ウェブストア

ユーザーエージェント変更

User-Agent Switcher for Chrome

あなたのブログは、PCで見るのか、タブレットで見るのか、スマホで見るのかによって、その見た目が変わってきます。また、Chrome、Firefox、Edgeなどのブラウザによっても見え方が若干異なる場合があります。

このように、ブログ訪問者がブログを見る際に使用しているプログラムをユーザーエージェントと言います。

「User-Agent Switcher for Chrome」では、マウス操作のみでユーザーエージェントを変更して、いろんなプログラムを使用してブログを見た際の見え方をChrome上で表示してくれます。

⇒ User-Agent Switcher for Chrome – Chrome ウェブストア

ウェブページPDF化

Web2PDFConverter

閲覧しているページをPDFに変換してくれる拡張機能です。Chromeの印刷機能を使ってPDFファイルに変換することもできるのですが、PDF化した際に非表示となってしまう画像等もあります。

「Web2PDFConverter」は、Chromeの印刷によるPDF化では表示できない画像も表示した状態でPDF化することができます。

⇒ Web2PDFConverter – Chrome ウェブストア

ページ翻訳

Google翻訳

閲覧しているページ全体をワンクリックで日本語に翻訳することができます。

また、意味の分からない単語が出てきた場合には、その単語をドラッグした状態で右クリックし、Google翻訳を選択することで、その単語を翻訳してくれます。

⇒ Google 翻訳 – Chrome ウェブストア

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

アフィリエイトを始める際には、あったら便利なChrome拡張機能をまとめて紹介させていただきました。

この他にも、Googleの拡張機能は数多く存在します。

ご自身で、より自分の環境にあった拡張機能を追加したい場合は、次のサイトより拡張機能を検索してみてください。

⇒ Chrome ウェブストア – 拡張機能

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします