ブログのアクセスが増えない理由

どうも。葉です。

「う~~ん。。。どうしてブログのアクセスが増えないんだろう???」

あなたは、そんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

少しでも多くのアクセスを集めるために、記事を量産したり、SEOについて勉強してみたけど、一向に結果が出ない。

それは、もしかしたら、アクセスを集めるための重要な「ある視点」を見逃してしまっているのが原因かもしれません。

そこで、この記事では、ブログにアクセスを集めるために必要な考え方と具体的な方法を基礎から紹介していきます。

1.アクセスが集まらない2つの誤解を理解しよう!

まずは、なぜアクセスが集まらないのか?その根本の原因を理解していきましょう。

僕は、「ブログにアクセスが集まらない。」という相談をよく受けるのですが、多くの人が次のように言います。

  • 「SEOについて勉強して実践したのに、アクセスが集まらないんです。」
  • 「記事を量産したのにアクセスが集まらないんです。」

「SEO」と「記事の量産」は、アクセスを集めるためによく言われることです。しかし、実のところを言うと、アクセスを集めるために、これらの知識は必要ありません。もちろん、あるにこしたことはありませんが、やっぱり本質からは少しずれています。

では、「なぜ、SEOや記事の量産だけでは、ダメなのか?」その理由を解説していきます。

SEO単体に大きな効果はない

1つ目は、SEOです。ここで言うのは、meta descriptionタグに、キーワードを入れたら良いとか、ブログ表示速度を早くしたほうが良いとか、そういった技術的なSEOです。

結論を言わせてもらうと、こういったSEOは、あまり効果がありません。正確に言うと、過去に、効果的だった時期はあったけど、今は通用しません。

過剰なSEO対策を施しただけで、上位表示を獲得できた時代もありましたが、今は、Googleの技術の進歩により、「ユーザーに役に立つコンテンツ」がのみが上位表示されるようになりました。

必要なSEOと不要なSEO!月間50万PVを集めた方法とは?

記事の数だけ増やすのもNG

もう一点注意してほしいのが、むやみに記事数だけを増やしても、こちらもあまり意味がないということです。

もちろん、記事をたくさん書くこと自体を否定しているわけではありません。1日1記事以上更新する人もいて、それ自体は素晴らしいことです。

ですが、大事なのは、1記事1記事が人の役に立つかどうかです。

1日5記事、6記事書くよりも、3日に1記事でも良いから、役に立つ記事をコツコツとためていくことのほうが、多くのアクセスを集めるためには効果的です。

2.アクセスが増えない原因は、相手視点が抜けているから!

ここまで読んでいただければ、SEOや、無駄記事の量産は、アクセスを集めるのにあまり効果がないことをご理解いただけたのではないでしょうか?

では、なにが重要なのか?その答えは、「相手視点」です。

インターネットを経由していようが、記事を読むのは、「人」です。「人」の気持ちを理解することこそが、アクセスを集めるのに最も重要な事なのです。

頭ではわかっているけれど、腑に落とせていない人が多い

「葉さん。相手視点が大事なことは、もうわかっているよ。。。」もしかしたら、あなたは、こんな風に思ったかもしれませんね。

そうなんです。「相手視点が重要」ということは、みんなわかっているんです。でも、それなのにアクセスが集まらない。

「なぜでしょうか?」

それは、頭で理解はしているけど、腑に落ちていないからです。

人間は、「腑に落ちていないことはやりたくない生き物」なので、「なんで相手視点が重要なの?」を感覚として理解し、腑に落とし込む必要があるのです。

会話で学ぶ、相手視点の重要性

「そんなこと言われても。。。」なんて声が聞こえてきそうですね。

「相手視点」というのは、一見簡単そうですが、実は、ものすごく難しいことです。僕も相手視点が100%完璧にできているわけではありません。

ただ、それでも、「なぜ相手視点が大事なのか?」ということについては、かなり意識してきたので、僕の考え方は、参考になると思います。

会話形式で紹介したほうが、わかりやすいと思うので、キャラクターを使って解説していきますね。

にゃんこにゃんこ

葉さん。こんにちは。相手視点が大事って言うけど、何で大事なのかがよくわからないニャン。

葉(よう)葉(よう)

本とか読んでも、「相手のことを考えなさい!」と書いてあるけど、「なんで?」と聞かれると明確に答えられないよね。

にゃんこにゃんこ

そうなのニャン。なんで?なんでなのニャン???

葉(よう)葉(よう)

これは、頭で理解するだけじゃなくて、体に落とし込まないといけないんだよね。

じゃあ、ここで1つ問題。

「今、僕がどんなことが知りたいと思っているか?」を考えて、「僕が読みたくなるようなブログの記事タイトル」を作ってみてよ。

にゃんこにゃんこ

唐突な問題ニャンね!

う~ん。葉さんは、ブログを運営しているから、「ブログでアクセスを集める方法」が知りたいはずニャン。

だから、「30分で出来る!続々とアクセスが集まるブログテクニック7選」という記事があったら、葉さんは、きっとその記事タイトルをクリックしてまうはずニャン。

葉(よう)葉(よう)

まあまあ、いい線はついてるけど、今は、そんなに興味ないかな~。

にゃんこにゃんこ

そうだったのニャン?知らなかったニャン!

葉(よう)葉(よう)

じゃあ、ここで1つ質問。なんで、にゃんこは、「僕が知りたいこと」や、「読みたくなる記事タイトル」がわからなかったの?

にゃんこにゃんこ

葉さんが、知りたいことがわからなかったからニャン。

葉(よう)葉(よう)

そう!そこがポイントなんだよ。

にゃんこにゃんこ

どういうことニャン???

葉(よう)葉(よう)

つまり、「相手の気持ちになってみる。」とうことなんだよ。

にゃんこにゃんこ

そうなのかニャン???

まだよくわからないニャン!

葉(よう)葉(よう)

これだけだと、まだわかりにくいよね。

じゃあ、今後は、「今僕がどんなことに興味があるのか?」を質問してみてよ。

にゃんこにゃんこ

わかったニャン!!!今、葉さんは、どんなことに興味があるのニャン???

葉(よう)葉(よう)

そうだね~。今は、健康な体を作りたいから、健康に良い食事とか、運動を継続する方法とかに興味があるね。

あと、今ちょっと便秘気味でそれが悩みなんだよね。

にゃんこにゃんこ

そうなのニャン???健康には、気をつけるニャン

葉(よう)葉(よう)

心配ありがとね。

これで、にゃんこは、今僕が何に興味があって、どんあ悩みがあるのかを知れたよね?

にゃんこにゃんこ

健康に気を使っていて、便秘気味ニャン!

葉(よう)葉(よう)

そうそう。便秘のことは、内緒にしてね。

にゃんこにゃんこ

わかったニャン!口は、硬いので安心してにゃん!

葉(よう)葉(よう)

よかった~。

じゃあ、本題に入るけど、もう一回、僕が読みたくなるような記事タイトルを考えてみてよ。

にゃんこにゃんこ

「一ヶ月で便秘が解消?健康な体を作る3つの食材とは?!」とう記事タイトルは、どうニャン???

葉(よう)葉(よう)

ヤバイね。それ、絶対読んじゃうと思う。笑

にゃんこにゃんこ

やったニャン!!!

葉(よう)葉(よう)

すごいね~。今すぐにでも、読みたくなってきちゃったよ。笑

でも、なんで、僕が読みたくなる記事タイトルを作れたの?

にゃんこにゃんこ

葉さんの興味や悩みを知ってたからニャン!

葉(よう)葉(よう)

いいね!つまり、「僕の視点」に立って、僕が興味のあることや、悩んでいることを想像できるようになったから、僕が読みたくなる記事タイトルを作れたわけだ!

にゃんこにゃんこ

なるほどニャン!

葉さんの気持ちになって、葉さんの興味や悩みを想像する。これが「相手視点」ということニャンね。

葉(よう)葉(よう)

そうそう!相手の気持ちがわかかると、何を書いたら相手に響くのかがよく分かるよね。

だから「相手視点」が大事なんだよ。

にゃんこにゃんこ

わかったニャン!ありがとニャン!

いかがでしたら、こうやって会話形式で学ぶと、「相手視点」の重要性を理解できたのではないでしょうか?

はっきり行って、「相手視点」を究極的に理解したら、アクセスが集められないなんてことは、なくなります。

かなり、難しいことですが、常に、「相手の気持」を想像するようにしてください。

3.アクセスを集めるには、記事タイトルが重要!ユーザーが検索するキーワード選び

相手視点を理解したら次は、具体的にアクセスを集める記事の作り方を紹介していきます。

アクセスを集める上で、重要なのは、検索されるキーワードを知ることです。

「相手視点」を意識しながら検索されるキーワードを探していきましょう。

といっても、はじめから、検索されるキーワードを見つけることはできないので、まずは、ツールに頼りましょう。

ツールを使うことで、検索されるキーワードの答えをたくさん見つけることができますよ。

goodkeywordで検索されるキーワード選ぶ!

検索されるキーワードを見るけるのにおすすめなのが、「goodkeyword」です。

特定のキーワードを入力すると、「よく一緒に検索されるキーワード」を一覧で表示してくれます。

今回は、「ブログ 書き方」というキーワードのサジェストキーワード一覧を表示させてみました。次のように一覧で、「よく一緒に検索されるキーワード」を表示してくれます。

goodkeywordで「ブログ 書き方」で検索してみた

※関連キーワードを取得する方法は、goodkeyword以外にもたくさんあります。他の関連キーワード取得方法を知りたい場合は、次の記事を参考にしてください。

関連キーワード取得方法・サイト+検索ボリュームチェックツールまとめ

キーワードプランナーで検索ボリュームチェック

次に、goodkeywordで抽出したキーワードの検索ボリュームをキーワードプランナーを使って、チェックします。

キーワードプランナーの登録がまだの方は、まず、キーワードプランナーへの登録を行ってください。

キーワードプランナーが使えない?登録方法と使い方を徹底解説!【SEO対策活用法】

キーワードプランナーの登録が終わったら、検索ボリュームをチェックします。今回は、

  • ブログ 書き方
  • ブログ 書き方 本
  • ブログ 書き方 セミナー

の3つのキーワードの検索ボリュームをチェックしてみましょう。まずは、「キーワードプランナー」にアクセスしてください。

ここで、「検索ボリュームと傾向を取得」のタブを開き、上記の3つのキーワードを入力し、「検索ボリュームを取得」をクリックしてください。

キーワードプランナーで検索ボリュームチェック1

すると次のように、各キーワードの月間平均検索ボリュームを表示してくれます。月間検索ボリュームの多いキーワードで上位表示を取れると多くのアクセスを集めることができます。

キーワードプランナーで検索ボリュームチェック2

上位表示難易度もチェック※予測です

ここからさらに、各キーワードの上位表示難易度もチェックしていきます。月間平均検索ボリュームが多いほど、上位表示難易度が高くなる傾向があります。

まず、キーワードプランナーの競合性を見ます。この競合性は、Adwords広告の競合性なのですが、上位表示難易度とも、おおよそ比例関係にあるので、参考に使うことができます。

キーワードプランナーで検索ボリュームチェック3

ただし、競合性は、あくまでも参考値です。

より正確に難易度を測るには、各キーワードをGoogleで検索してみて、上位表示されている記事の質を見ると良いでしょう。

ブログ 書き方 – Google 検索

ブログ 書き方 本 – Google 検索

ブログ 書き方 セミナー – Google 検索

上位表示されている記事を読んでみて、「たいしたことないな。」と感じたらチャンスです。記事タイトルを決めて、上位表示されている記事よりも、さらに質の高い記事を書き、上位表示を勝ち取りましょう。

4.読み手が満足する記事を書こう

最後は、質の高い記事の執筆です。

「質が高い」と聞くと文字数が多い記事がいいのかな?情報量が多ければ良いのかな?と勘違いしてしまいがちですが、大事なのは、読み手の悩みを解決できているかどうかです。

読み手の悩みを解決するために、何が大切なのかというと、「リサーチ」です。

記事の質は、9割型リサーチで決まります。文章力や、表現力は、残りの1割程度でしょう。

とにかく徹底的にリサーチして、読み手が何に悩んでいるのかを明確にしましょう。

そして、その悩みを解決するための情報を、わかり易くまとめてあげれば、自然と記事の質は上がっていきますよ。

5.まとめ

この記事では、ブログにアクセスが集まらない本質的な原因が「相手視点になれていないこと」であることを解説し、その上で、どのような考え方で、具体的に何をしたら、アクセスを集める記事が書けるのかを解説しました。

難しく感じたかもしれませんが、突き詰めていけば、「相手視点」の一言にたどり着きます。

テクニックではなく、検索する人の気持を考えることが最も重要なことであることは、覚えておいてくださいね。

補足.相手視点を考えているのに、アクセスが伸びない方へ

キーワードもしっかりと考えているし、記事数もそこそこ書いてるし、記事の質も悪くないのに全然アクセスが集まらない。努力したのに、結果が出ない。

こんな悩みを持っている人もいると思います。

  • 努力が無駄になってしまうのではないか?
  • 今まで、使った時間が無に帰してしまうのではないか?

と、どんどん、不安になってくる人もいるとお思います。

ですが、ここでめげずに、最低でも100記事は書きましょう。

もちろん、もっと早く結果が出ることもありますし、逆に、100記事書いても結果が出ないこともあります。

ですが、きちんとキーワードを選び、記事の質も一定以上を保てているのであれば、あとは、継続だけです。

不安だと思いますが、コツコツと小さな一歩を歩み続けてください。