Google Analyticsとサーチコンソールを連携し検索クエリ(not provided)を取得する方法

どうも。葉です。

この記事では、Google Analyticsとサーチコンソールを連携して、Google Analyticsの検索キーワード調査で、(not provided)となっているキーワードを表示させる方法を解説していきます。

1.なぜGoogle Analyticsとサーチコンソールを連携するのか?

まず、そもそもの話になりますが、なぜGoogle Analyticsとサーチコンソールを連携するのかを話してい聞きますね。

下図を見てください。これは、Google Analyticsで検索キーワードを表示した結果です。ここで、注目してほしいのが、キーワードの結果がほとんど(not provided)になっていることです。

Google Analyticsのキーワード分析結果1

この(not provided)というのは、「提供されていない」という意味で、要は、「どんなキーワードで検索されたのかわからないよ」ということです。

でも、実は、これは、わからないのではなくて、暗号化(SSL化)されているだけだったりします。

この暗号化(SSL化)されているデータは、サーチコンソールであれば見ることができます。

さらに、Google Analyticsとサーチコンソールを連携すると、Google Analytics上でも(not provided)と表示されている検索キーワードを見ることができるのです。

だから、Google Analyticsとサーチコンソールを連携したいわけです。

補足:SSL化についてはこちらの記事を参考にしてください。

⇒ エックスサーバーで無料SSL化設定!WordPressをHTTPS化する手順

2.Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順

では、ここからは、実際にGoogle Analyticsとサーチコンソールを連携する手順を解説していきます。

下準備1:Google Analyticsに登録

Google Analyticsとサーチコンソールの連携を行う前に、そもそもGoogle Analyticsの登録が完了していなければなりません。次の記事を参考に、Google AnalyticsとWordPressを連携させてください。

⇒ GoogleアナリティクスとWordPressを連携しアクセス解析できるようにする2つの方法

下準備2:サーチコンソールに登録

Google Analytics同様に、サーチコンソールの登録が終わっていない人も、まずはサーチコンソールとWordPressの連携を行ってください。

Google Search Consoleの登録・設置方法【WordPress-基礎】

Google Analyticsとサーチコンソールを連携

Google Analyticsとサーチコンソールそれぞれの登録作業が完了したら、次にGoogle Analyticsとサーチコンソールの連携作業を行っていきます。

まずは、「Google Analytics」にアクセスしてください。

そこで、サーチコンソールと連携したいサイトを選択します。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順1

次に、Google Analyticsの左メニューから「集客→Search Console→検索クエリ」をクリックしてください。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順2

次に、「Search Consoleのデータ共有を設定」をクリックしてください。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順3

すると、プロパティ設定の画面に移動するはずです。そこで、一番下までスクロールして「Search Consoleを調整」をクリックしてください。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順4

次に、「Search Consoleの設定」の画面に移動するので、「編集」をクリックしてください。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順5

すると、サーチコンソールに登録してあるサイト/ブログが表示されるので、Google Analyticsに連携したいサイト/ブログを選択して「保存」をクリックしてください。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順6

そのまま、「OK」をクリックしてください。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順7

すると、サーチコンソールのホーム画面に移動します。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携する手順8

これで、Google Analyticsとサーチコンソールの連携は、完了です。

3.連携できているかチェック

では、次にGoogle Analytics上からサーチコンソールのデータを表示できるかどうかを確認していきましょう。

Google Analytics」にアクセスして、「集客→Search Console→検索クエリ」をクリックしてください。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携をチェック1

すると、サーチコンソールよりデータを読み込んだ後に、下図のような画面が表示されるはずです。しかし、まだデータは表示されていません。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携をチェック2Google Analyticsにサーチコンソールのデータが反映されるには少し時間がかかるようです。2、3日後にに再度「Google Analytics」にアクセスして、「集客→Search Console→検索クエリ」をクリックしてください。

すると、次のようにサーチコンソール上の検索クエリデータが表示されているはずです。

Google Analyticsとサーチコンソールを連携をチェック3

これで、Google Analyticsの(not provided)と表示されていた部分の検索キーワードを表示させることができました。

4.「Google Analytics→Search Console」の使い方

では、最後に簡単にGoogle Analytics上のSearch Consoleの使い方を解説していきます。

検索クエリ

「集客→Search Console→検索クエリ」をクリックしてください。

すると次のように、検索クエリごとに

  1. クリック数
  2. 表示回数
  3. クリック率
  4. 平均掲載順位

のデータが表示されます。

Google Analytics→Search Console」の使い方1

①~④の各項目について簡単に解説していきます。

①クリック数

Googleの検索結果よりあなたのブログがクリックされた回数。

②表示回数

Googleの検索結果にあなたのブログが表示された回数。

③クリック率

クリック率=クリック数/表示回数(インプレッション数)

④平均掲載順位

特定のクエリで検索した際のあなたのブログの掲載順位

ランディングページ

Google Analyticsのキーワード分析結果2

ランディングページでは、個別の投稿ごとに

    1. クリック数
    2. 表示回数
    3. クリック率
    4. 平均掲載順位

を調査できます。さらに、Search ConsoleのデータとGoogle Analyticsのデータを合わせて見ることができます。

Google Analyticsのキーワード分析結果3

Google Analyticsのキーワード分析結果4

国では、ユーザーの国ごとに

  1. クリック数
  2. 表示回数
  3. クリック率
  4. 平均掲載順位

を調査できます。さらに、Search ConsoleのデータとGoogle Analyticsのデータを合わせて見ることができます。

Google Analyticsのキーワード分析結果5

デバイス

Google Analyticsのキーワード分析結果6

デバイスでは、ユーザーのでデバイス(デスクトップ・モバイル・タブレット)ごとに

  1. クリック数
  2. 表示回数
  3. クリック率
  4. 平均掲載順位

を調査できます。さらに、Search ConsoleのデータとGoogle Analyticsのデータを合わせて見ることができます。

Google Analyticsのキーワード分析結果7

5.まとめ

この記事では、Google Analyticsとサーチコンソールを連携して(not provided)となっている検索キーワードをGoogle Analytics上で確認する方法を解説しました。

Google Analytics登録とサーチコンソール登録さえ済んでいればそれほど難しくなく導入できます。

ぜひ、Google Analyticsとサーチコンソールの連携を行ってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします