• このエントリーをはてなブックマークに追加

All in One SEO PackでXMLサイトマップを作成し、サーチコンソールでGoogleに送信する方法

どうも。葉です。

プラグイン「All in One SEO Pack」といえば、WordPressブログ運営者の多くが導入していて、SEO関連の設定を一手にまかなえる非常に優秀なプラグインです。

その機能は、多岐にわたっていて、

  • メタ要素・Noindexの設定(SEO)
  • Google Search Consoleの承認
  • WordPressとGoogle Analyticsの連携
  • SNSの拡散効果を上げるOGP設定
  • Googleクローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定

などがあります。

この記事では、その中の「Googleクローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定」について詳しく解説していきます。

1.XMLサイトマップとは?

HTMLサイトマップがユーザー向けであるのに対し、XMLサイトマップは、「検索エンジンのクローラー向け」サイトマップです。

なので、XMLサイトマップを作成したからと言って、私達人間が視覚的に変化を感じることはありません。

しかし、Googleのクローラーにとっては違います。XMLサイトマップを送信することで、Googleクローラーは、サイト情報をより正しく認識することができます。これにより、ページのクロール漏れが減ります。

なので、サイトをGoogleに正しく認識してもらうために、XMLサイトマップを送信しておいたほうが無難でしょう。

XMLサイトマップを送信することのメリット

プラグイン「All In One SEO Pack」では、記事を更新するたびにXMLサイトマップを自動生成しGoogleに通知してくれるので、

  • Googleに最新情報を素早く通知できる。
  • クロール漏れが少なくなる。

といったメリットが有ります。これにより、

  • ページ更新時のインデックス速度向上。
  • 検索エンジンへのインデックス漏れの減少。

といった効果が見込めます。

特に下記条件に当てはまる場合は、「All In One SEO PackのXMLサイトマップ機能」を導入することをおすすめします。

・サイトのサイズが非常に大きい。

・サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。

・サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。

・サイトでリッチメディア コンテンツを使用している、サイトが Google ニュースに表示されている、または他のサイトマップ対応アノテーションを使用している。

参考:サイトマップについて – Search Console ヘルプ

2.All In One SEO Packのインストール

WordPress管理画面の左メニューより、「プラグイン→新規追加」をクリックします。

All In One SEO Packのインストール手順1

プラグインの検索窓に「All In One SEO Pack」と入力します。するとWordPressが、「All In One SEO Pack」を検索してくれます。

そこで、「All In One SEO Pack」の「今すぐインストール」をクリックします。

All In One SEO Packのインストール手順2

「有効化」をクリックします。

All In One SEO Packのインストール手順3

プラグイン一覧で、「All In One SEO Pack」の背景が青くなっていれば、有効化されています。

All In One SEO Packのインストール手順4

以上で、プラグイン「TinyMCE Advanced」のインストール・有効化は完了です。

注意!Google XML Sitemapsを使っている方へ

「All In One SEO Pack」の機能の1つである「XMLサイトマップ」は、プラグイン「Google XML Sitemaps」と同じ機能になります。

使用するのであればどちらか1つを選択してください。

選び方としては、

  • SEO対策(metaタグ、noindex設定など)
  • SNSのOGP設定
  • XMLサイトマップの送信

のすべてを行いたい場合は、「All In One SEO Pack」を使用、

  • XMLサイトマップの送信のみ

を行いたい場合は、「Google XML Sitemaps」を使用してください。

3.All In One SEO PackのXMLサイトマップ機能を有効化・設定

WordPress管理画面の左メニューより「All in One SEO→機能管理」をクリックします。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定1

次に「機能管理」の中の「SML サイトマップ」の「Activate」をクリックします。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの有効化設定2

これで、「XMLサイトマップ」の有効化は、完了です。

XMLサイトマップの設定

次に、「All In One SEO Pack」の「XMLサイトマップ」の設定を行っていきます。

「All in One SEO」の中に「XML サイトマップ」という項目が追加されている、それをクリックします。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定1

すると、設定画面に移動するので各項目を設定していきます。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップの基本設定です。下図と同様に設定を行ってください。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定2

チェックを入れた項目について解説します。

ファイル名接頭語 XMLサイトマップのファイル名を指定します。
Googleへ通知 XMLサイトマップをGoogleへ通知します。
Bingへ通知 XMLサイトマップをBingへ通知します。
投稿タイプ XMLサイトマップに情報を載せる投稿タイプを選択します。「投稿」「固定ページ」にチェック。
タクソノミー XMLサイトマップに情報を載せるタクソノミーを選択します。「カテゴリー」にチェック。
圧縮版サイトマップを構築する

「.xml」→「.xml.gz」

XMLサイトマップの圧縮ファイルを生成します。XMLサイトマップのファイル形式が、「.xml」から「.gz」に変わります。なので、XMLサイトマップファイルの末尾は、「.xml.gz」に変更されます。
仮想Robots.txtからリンクする 仮想robots.txtファイルから、XMLサイトマップへのリンクを追加します。これにより、クローラーにXMLサイトマップの場所を伝え、参照してもらいます。
サイトマップを動的に生成 WordPressに変更があると、XMLサイトマップを自動的に更新してくれます。これにより、XMLサイトマップを手動で送信する必要がなくなります。

追加ページ

WordPressでは管理されていないURLで、XMLサイトマップに追加したいページがあれば、追加することができます。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定3

除外項目

ここでは、XMLサイトマップに載せたくないカテゴリーや、投稿、固定ページを設定できます。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定4

優先順位

クローラーにどのページが重要なのかを伝えることができます。あなたのブログの中で、重要だと思うページの数値を大きくしてください。

なお、デフォルトのままでも自動計算されるので特に問題はありません。参考までに僕の設定を載せておきます。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定5

頻度

指定したページがどれくらいの頻度で更新されるかを指定できます。クローラーに対してどれくらいの頻度でリクロールすれば良いのかの指標になります。

ただし、参考程度なので、設定したからといって必ずその頻度でリクロールしてくれるわけではありません。

こちらも、デフォルトのままでも問題ありません。参考程度なので僕の設定を載せておきます。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定6

以上の設定が終わったら、「サイトマップを更新≫」をクリックします。

All In One SEO Pack-XMLサイトマップの設定7

以上で、プラグイン「All In One SEO Pack-XMLサイトマップ」の設定は完了です。

4.サーチコンソールでXMLサイトマップを送信

次に、サーチコンソールを使ってXMLサイトマップの送信を行います。

4-1.サーチコンソールへの登録が完了していない場合

サーチコンソールへの登録が住んでいない方は、次の記事でサーチコンソールへの登録作業を行ってください。

Google Search Consoleの登録・設置方法【WordPress-基礎】

4-2.サーチコンソールへの登録が完了した後の手順

登録が完了している人は、「サーチコンソール」にアクセスしてください。そこで、XMLサイトマップを送信したいプロパティ(サイト)を選択します。

All In One SEO Pack-サーチコンソールでXMLサイトマップ送信1

「クロール→サイトマップ」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順3

「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順4

「sitemap.xml.gz」と入力し、「送信」をクリックします。

※入力するサイトマップ名は、「3.All In One SEO PackのXMLサイトマップ機能を有効化・設定-XMLサイトマップ」の「ファイル名接頭語」の設定により変わります。

「.xml」と「.xml.gz」
この記事内の、「3.All In One SEO PackのXMLサイトマップ機能を有効化・設定-XMLサイトマップ」にて、「圧縮版サイトマップを構築するにチェックを入れると、XMLサイトマップの圧縮ファイルが生成されます。それにより、XMLサイトマップのファイル名の末尾が、「.xml」から「.xml.gz」に変更になります。
なお、Googleの公式文章では、XMLサイトマップは、圧縮して「.gz」ファイルに変更しても問題ないことが記述されていたので安心してくください。

All In One SEO Pack-サーチコンソールでXMLサイトマップ送信4

「ページを更新する。」をクリックします。

サーチコンソールへXML Sitemaps送信の手順6

すると、追加したサイトマップが表示されています。「保留」と表示された場合は、時間をおいて再度確認してください。

All In One SEO Pack-サーチコンソールでXMLサイトマップ送信6

「保留」の文字が消えているはずです。

以上で、サーチコンソールによるXMLサイトマップの送信設定は完了です。

4-3.サーチコンソールへの登録がうまくいかない場合

サーチコンソールへの登録がうまくいかない場合は、入力したXMLサイトマップのファイル名が間違っている可能性があります。

そんな時は、「3.All In One SEO PackのXMLサイトマップ機能を有効化・設定-XMLサイトマップ」にて仮想Robots.txtからリンクするにチェックが入っていることを確認し、ブラウザに「http://○○○/robots.txt」と入力してみてください。次のようにサイトマップのファイル名が記述されているはずです。

サーチコンソールへの登録がうまくいかない場合

5.まとめ

この記事では、

  • XMLサイトマップとは?
  • All In One SEO Packのインストール
  • All In One SEO PackのXMLサイトマップ機能を有効化・設定
  • サーチコンソールでXMLサイトマップを送信

について解説しました。

プラグイン「All In One SEO Pack」は、この記事で解説したXMLサイトマップ機能以外にもSEOに関連する殆どの問題を解決してくれます。

「All In One SEO Pack」でOGP設定を行いたい場合は次の記事を参考にしてください。

All in One SEO PackでOGP設定!Facebook/TwitterをWordPressに連携させよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

WordPress プラグイン