プラグインAll in One SEO PackでWordPressのSEO設定する方法

どうも。葉です。

この記事では、プラグイン「All in One SEO Pack」を使ってSEO設定を行う方法を解説していきます。

1.All in One SEO Packとは?

「All in One SEO Pack」とは、WordPressで行うべきSEO対策をまとめて設定できるプラグインです。

具体的には、次のような機能があります。

では、ここからは、「All in One SEO Pack」を使ってSEO設定を行う方法を解説していきます。

2.All in One SEO Packのインストール手順

WordPress管理画面の左メニューより「プラグイン→新規追加」をクリックしてください。

All in One SEO Packのインストール手順1

プラグインの検索窓に「All in One SEO Pack」と入力してください。

すると、WordPressがプラグインを検索してくれます。ここで「今すぐインストール」をクリックしてください。

All in One SEO Packのインストール手順2

「有効化」をクリックしてください。

All in One SEO Packのインストール手順3

これで、プラグイン「All in One SEO Pack」のインストール・有効化が完了しました。

3.All in One SEO PackでSEO設定

次に、「All in One SEO Pack」を使ってSEO設定を行っていきます。

WordPress管理画面の左メニューより「All in One SEO→一般設定」をクリックしてください。

All in One SEO PackでSEO設定1

ここから、SEO設定を行っていきます。

3-1.一般設定

All in One SEO PackでSEO設定2

「Canonical URL」のチェックを外しておきましょう。

今のWordPressは、自動でCanonical URLが設定されるようになっています。

Canonical URLとは?

Canonical URLがなんのことだかわからない人もいると思うので簡単に解説しておきます。

Canonicalとは、正式なURLを検索エンジンに伝える機能です。

なぜ、正式なURLを伝える必要があるかというと、1つのページに複数のURLが割り当てられるからです。WordPressでいえば、「wwwあり」と「wwwなし」などのURLがあります。

wwwあり・なし

  • https://youland.net/
  • https://www.youland.net/

この2つのURLは、記事内容は、全く同じです。ですが、ネット上では2つのページがそれぞれ別のページとして認識されてしまいます。

この際に「https://youland.net/」で被リンクを受けても、「https://www.youland.net/」には被リンクの効果が及びません。また、その逆もしかりです。

このままだと、被リンクの効果が分散してしまいます。

また、2つのURLが重複コンテンツとみなされてしまう危険性もあります。

なので、正規化(Canonical)を行い、「https://youland.net/」と「https://www.youland.net/」が同じURLであることを伝える必要があるのです。

3-2.ホームページ設定

All in One SEO PackでSEO設定3

「ブログタイトル」と「ブログの概要説明」を設定すると検索エンジン上の下図の2箇所の表示を変更できます。

あなたの任意の「ブログタイトル」「ブログの概要説明」を設定してください。

文字数は、

  • ブログタイトルは、28文字以内
  • ブログの概要説明は、120文字前後

がおすすめです。

All in One SEO PackでSEO設定4

なぜなら、Googleの検索結果で、表示されるタイトルの文字数は、28文字まで、ブログの概要説明で表示される文字数は、120文字前後だからです。

これより、多い文字数にすると検索結果でブログタイトル、ブログの概要説明の最後のほうが表示されません。

3-3.タイトル設定

All in One SEO PackでSEO設定5

タイトル設定では、Google等の検索エンジンの検索結果で、ブログタイトル、固定ページ、投稿タイトルなどの表示を変更することができます。

基本的には、デフォルトのままで問題ありません。

固定ページ・投稿タイトルを短くしたければ、「|%blog_title%」を削除してください。

「|%blog_title%」は、ブログタイトルを表しているので、削除すると、「固定ページ・投稿」の後ろに記事タイトルが表示されなくなります。

3-4.カスタム投稿タイプ設定

All in One SEO PackでSEO設定6

カスタム投稿タイプは、WordPressの機能の1つです。

カスタム投稿タイプを使う人は、それほど多くないと思うので、ここでは、「利用停止」を選択しましょう。

カスタム投稿タイプと言われてよく意味がわからない人も「利用停止」を選択してください。

カスタム投稿タイプ-表示設定

All in One SEO PackでSEO設定6-1

上記の「3-5.カスタム投稿タイプ設定」と同じ理由でチェックを外しておきましょう。

3-5.ウェブマスター承認(Search Console登録)

All in One SEO PackでSEO設定7

ウェブマスター承認では、WordPressとSearch Consoleの連携が可能です。

Search Consoleにアクセスして、HTMLタグを取得してください。

All in One SEO PackでSEO設定7-1

取得したHTMLタグを「Google ウェブマスターツール」の入力窓に貼り付けてください。

All in One SEO PackでSEO設定7-2

下にスクロールして「設定を更新≫」をクリックしてください。

All in One SEO PackでSEO設定7-3

Search Consoleで「確認」をクリックしてください。

All in One SEO PackでSEO設定7-4

これで、WordPressとSearch Consoleの連携完了です。

上記の方法でWordPressとSearch Consoleの連携ができなかった場合は、次の記事を参考にしてください。

⇒ Google Search Consoleの登録・設置方法【WordPress-基礎】

3-7.Google設定(Google+、Google Analytics登録)

次にGoogle設定を行っていきます。

Google+を設定(※やりたい人のみ)

All in One SEO PackでSEO設定8

この項目を設定する目的は、「記事を書いている人が誰なのか?」を明確にするためです。

例えばですが、SEOの専門家が書いたSEOの記事と、SEO素人が書いたSEOの記事ではその信憑性が異なってきますよね?

また、誰が書いたのかわからない記事と、誰が書いたのかわかっている記事でもその信憑性が異なってきます。

一時期Googleでは、Google+の著者情報の検索結果に表示される事ができました。なので、WordPressにGoogle+の著者情報をブログに登録していたのです。

それにより、誰が書いた記事なのかが明確化されるので、SEOにも好影響があるとされていたんです。

しかし、現在は、Google+の著者情報は表示されなくなってしまいました。なので、Google+の設定をしなくても特に問題はないでしょう。

ただし、もしかしたら、著者情報がSEOに影響をあたえるかもしれないので、気になる方は設定してください。

Google Analyticsの設定

次に、Google Analyticsでアクセス解析をできるようにする設定を行います。

All in One SEO PackでSEO設定9

Google Analyticsのトラッキングコード取得は、次の記事を参考にしてください。

⇒ 方法1:プラグイン「All in One SEO Pack」を使ってAnalyticsタグを設置

3-8.Noindex設定

All in One SEO PackでSEO設定10

All in One SEO PackでSEO設定11

noindexとは?

noindexが設定されたページは、Googleの検索結果に表示されなくなります。

noindexをつける目的は、

  • 質の低い記事を検索結果に表示させない
  • 重複コンテンツを検索結果に表示させない

の2点です。

上図の設定は、

質の低い記事を検索結果に表示させないために、「コンタクトフォーム」「404ページ」にチェックを入れてあります。

また、重複コンテンツを検索結果に表示させないために、「日付別アーカイブ」「投稿者別アーカイブ」「タグ」「検索ページ」「ページ付されたページ/投稿」にチェックを入れてあります。

3-9.詳細設定

All in One SEO PackでSEO設定12

All in One SEO PackでSEO設定13

詳細設定は、ほとんど使いません。

ディスクリプション(記事の概要説明)を自動生成にチェックを入れておくと、ディスクリプションを自動的に生成してくれます。

ディスクリプションを書き忘れたときに、自動で生成してくれるのは便利です。チェックを入れておきましょう。

3-10.キーワード設定

All in One SEO PackでSEO設定14

キーワード設定は、「meta keyword」タグを使用するかしないかを決定します。

「meta keyword」タグは、昔はSEOに影響を与えていたのですが、最近は、ほとんど意味がないとされています。

なので、「利用停止」を選択しておきます。

※しかし、「meta keyword」タグがSEOに効果がある可能性もあるので、SEOを徹底的に追求したい場合は「有効」にチェックを入れましょう。ただし、記事ごとにキーワードを設定しなければならないので少し面倒です。

これで、「All in One SEO Pack」によるSEO設定は完了です。

4.投稿/固定ページでの使い方(SEO設定)

ここからは、個別の投稿/固定ページごとのSEO設定の方法を解説していきます。

まずは、WordPress管理画面の左メニューより「投稿→新規追加」をクリックしてください。

投稿・固定ページでの使い方(SEO設定)1

任意で記事を書いたら、一番下までスクロールしてください。すると、下図のように「All in One SEO Pack」のSEO設定画面が表示されます。

下図を参考に「タイトル」「ディスクリプション」を入力してください。

投稿・固定ページでの使い方(SEO設定)2

これで、「All in One SEO Pack」の投稿/固定ページでの使い方(SEO設定)の解説は、終わりです。

5.まとめ

この記事では、「All in One SEO Pack」を用いて

  • SEO設定
  • Google Analyticsとの連携
  • Search Consoleとの連携

をする方法について解説しました。

「All in One SEO Pack」には、この他にも次の機能があるので続けて設定を行ってください。

面倒ですが、最初だけなので頑張りましょう!