どうも。陽です。

「特化ブログで継続的に収入を増やしていく!」

という事を考えた際に、真っ先に重要になってくるのはジャンル選定です。

今日は、その特化ブログのジャンル選定方法について、お話していきます。

なぜ、ジャンル選定が重要なのか?

特化ブログを作るにあたり、ジャンル選定は、とっても大切です。ここでミスるといつまでたっても収益につながりません。

ちょっと考えてもらえればわかると思いますが、欲しい人がいない商品を販売しようと思っても売れるはずはないですよね?

収益を得るためのブログを作るためには、欲しい人がいるジャンルを選ばなければ、どうにもならないのです。

そこで、まずは、稼げるジャンルを選ぶ際の2つのポイントをお話しますね。それは、

  • 多くの人がその情報を欲しがっていること
  • 欲しい人は少なくても、1人あたりの単価が高いこと

のどちらか一方、または、両方に当てはまっていることです。

多くの人が欲しい情報であれば、たくさん売れる可能性がありますし、欲しい人が少なくても単価が高ければ、大きな収益を得ることはできるのです。

特化ブログのジャンル選定でよくある間違い

では、次に特化ブログのジャンル選定で、多くの人がやってしまう間違いについてお話していきますね。

いきなり答えを発表すると

  • ライバルが強すぎる市場を選んでしまう
  • そもそも需要がない市場を選んでしまう
  • 飽和してしまった市場を選んでしまう

の3点が上げられます。

これらの市場を選んでしまうと、あなたがいくら頑張って記事を更新しても、一向に収益が得られない可能性があるわけです。

それぞれの市場の特徴について解説していきますね。

ライバルが強すぎる市場

ライバルが強すぎる市場というのは、具体的には、大企業が資金力に物を言わせて、良質な記事を大量に投下してくるような市場です。

こういった市場は、結果が出るまでにかなり時間がかかるので、長期的に腰を据えて取り組む必要が出てきます。また、長期的に取り組んだとしても結果が保証されるわけではありません。

なので、ジャンル選定の際には、欠かさずライバルチェックを行うようにしてください。そして、短期間で稼ぎたい場合は、ライバルが強すぎる市場は、なるべく避けるようにしましょう。

市場規模が小さく単価も低い市場

次に、選んでは行けない市場が、市場規模が小さく、さらに1成約あたりの単価も低い市場です。

売ろうと思っている商品を求めている人が少なくて、かつ、成約を撮ったとしても500円とかしか稼げない場合、大きく稼ぐのはかなり難しくなります。

なので、この市場も避けましょう。

旬が過ぎていたり、飽和してしまった市場

また、旬が過ぎていたり、すでに飽和してしまった市場もNGです。

例えば電子書籍市場などのがその例ですね。電子書籍が発売されたばかりの頃は、電子書籍の成約を取るのか簡単でした。検索エンジンで上位表示さえ取っていれば、勝手に成約が取れていたんですからね。

でも、今から電子書籍市場に乗り込むのはかなり難しいです。電子書籍に興味がある人は、すでにどこかしらの電子書籍とすでに契約しているからです。つまり、「欲しい人はすでに持っている」という状態なんですね。

だから、このように上限があって、そして、すでに飽和してしまっている市場は選ばないようにしましょう。

僕がおすすめするジャンル選定法

特化ブログのジャンル選定法には、様々なものがあります。とにかく稼ぎやすいジャンルを選定する人もいれば、好きなことに焦点を絞ってジャンル選定をする人もいます。

ただ、僕がオススメすするのは、「好きなこと」の中で「稼げるジャンル」を選ぶことです。なぜ、好きなことの中から選ぶのかというと、それは、やっぱり継続がしやすいからです。

トレンドブログにしろ、特化ブログにしろ、最終的に結果が出る出ないを決めるのは、「行動量✕継続時間」です。

こうなった時に、お金は稼げるけど好きでもない市場にチャレンジしたら、継続しにくいです。すぐに結果が出れば良いのですが、世の中そんなに甘くはありません。コツコツと行動を継続した人のみが、結果を得られる世界です。

そう考えると、やっぱり続けやすい「好きなこと」を選ぶことは、ジャンル選定においては、非常に重要です。

ただ、そうは、言っても、好きなことだけをしていても稼げるかどうかはわからないですよね?そこで、次のステップとして、「稼げるジャンル」を選ぶことが重要なのです。

その具体的なステップを解説しますね。

ステップ1:好きなジャンルをピックアップ

言葉だけで説明されてもわかりにくいと思うので、好きなジャンルのピックアップを行っていきましょう。

その中で、僕がよく使うのは、楽天やA8、afbのジャンル選定画面です。

【楽天市場】ジャンル一覧

この画面を見ながら、どんなジャンルがあるのか?を把握して、その上であなたが興味のあるジャンルを選んでいきます。

ステップ2:稼げる市場の見分け方

好きなジャンルのピックアップが終わったら、次に、好きなジャンルの中で、稼げそうなジャンルのみを選びます。

稼げるジャンルは、大きく2タイプに分けられます。

継続的に稼げるジャンル(おすすめ)

1つは、これから先、ずっと継続的に稼げると考えられるジャンルです。僕は、こちらのジャンルをおすすめしています。

具体的には、

  • 健康・フィットネス
  • 人間関係・交際
  • お金・ビジネス

がおすすめです。

これらのジャンルは、人間であれば誰しもが抱える悩みで、これから先も永続的に多くの人が悩み続けると考えられるからです。

また、稼げるジャンル選定について、より詳しく知りたい方は、こちらの書籍をおすすめします。

第3章の「売れるビッグアイディアの見つけ方」の章で売れる市場について具体的に解説してくれています。

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法

一時的に爆発的に稼げるジャンル

もう一つは、一時的にではありますが、爆発的に稼げるジャンルがあります。

それは、新技術の発達によって新しくジャンルが生まれる市場です。

例えば、

  • 電子書籍市場
  • VOD市場
  • 仮想通貨市場
  • iPhone新発売時の予約

などがそうですね。

新技術によって新しく生まれた商品などは、まだ、多くの人が持っていない状態なので、ただ、上位表示を獲得するだけで売れてしまいます。ブームに乗っかってしまえば、その瞬間は、かなりの金額が稼げます。

ですが、多くの人に認知されてしまったり、旬が過ぎてしまった場合は、売上がガクッと落ちます。旬の時は、月収で100万以上稼ぐことも可能ですが、時期が過ぎたら終わりなのです。

「一時的でもいいから、一気に収入を得たい!」という方には、オススメな市場です。

誰でも思いつくようなジャンルでオッケー

また、ジャンル選定の際に、意外と勘違いされている方が多いのが、「稼いでいる人は、誰もしらないようなマル秘ジャンルで稼いでいる。」と勘違いしていることです。

もちろん、「あっと驚くような稼ぎやすい市場が全くない。」とは言いません。

そんな市場を独自で見つけて稼いでいる人もいるでしょう。でも、大抵の人はそうではないのです。稼いでいる人達は、僕達でもすぐに思いつくような当たり前のジャンルで稼いでいます。

そもそも論を言ってしまえば、「需要の大きさ=市場の大きさ」です。ということは、僕達が今、ぱっと思いつくようなジャンルは、市場が大きいということなんですね。つまり、稼ぎやすいということ。

ダイエットとか、健康とか、美容とか。。。

だから、あんまりかたっ苦しく考えすぎずに、あなたが興味があることの中で、稼げそうだな~と思う市場を選べば、だいたい正解になることが多いです。

最後に注意

以上が、僕がおすすめする特化ブログのジャンル選定手順になります。

「特化ブログを作りたい!」という人の多くは、「お金を稼ぎたい!」と思っているはずです。

もちろん、その気持ちを否定するわけではありません。お金は稼いでオッケーです。でも、お金ばかりに目をとらわれているといつか痛い目にあいます。

なので、あなたが好きなことであったり、「人の役に立ちたい!」と思えるジャンルでブログを構築していくのが僕のおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。